はぴねす歯科

お知らせ

わずかな隙間やブラックトライアングルにはダイレクトボンディング

歯が小さく、歯と歯の間のわずかな隙間や、歯ぐきが下がったために起こる歯の根元の小さな三角の隙間「ブラックトライアングル」は審美的に問題があり、見た目が気になってしまうのではないでしょうか。

このような見た目にお悩みの方には「ダイレクトボンディング」という治療法が適しています。

 

ダイレクトボンディングとは?

ボンディングとはボンドの意味で「接着する」ということであり、ダイレクト、つまり歯に隙間を埋めるための素材を直接接着する治療法です。セラミッククラウンなどの被せ物は完成までにある程度日にちがかかりますが、ダイレクトボンディングは型取りを行う必要がないため、即日で治療が終了します。

このダイレクトボンディングに使用する歯科素材は「ハイブリッドコンポジットレジン」というものです。一般的にレジンと言えば、虫歯治療の際にを削った部分を埋める時に使う保険適用素材です。

これに対し、ダイレクトボンディングに使うハイブリッドコンポジットレジンは保険適用のレジンに比べて審美性が高く、何色も重ねてより天然歯に近い色を出すことが可能です。

保険のレジンは年数が経つにつれて黄色くなったり着色でくすんでしまうなど、審美性に問題が生じやすい上、欠けてしまうリスクがありますが、ダイレクトボンディングは審美性のほかにも強度に優れているというメリットを持っており、機能と美しさを兼ね備えた治療法だと言えます。

またセラミックを被せる治療に比べて歯を削ることがほとんどないことも、ダイレクトボンディングの特徴です。

ただし保険外治療のため、治療費が高くなってしまいます。

 

こんなお悩みにダイレクトボンディング

・歯が小さく(矮小歯)、歯と歯の間に隙間がある

・歯ぐきが下がることによって生じるブラックトライアングル

・前歯の欠け

・小さな虫歯

・以前行った保険のレジンの再治療

 

治療の流れは、隙間に直接ボンディングする、あるいは虫歯部分や以前詰めた部分を少し削り、ボンディングして治療を終えます。このようにダイレクトボンディングは、審美的なお悩みを抱えている方に即日で美しい歯を取り戻すことができる治療法です。

 

ダイレクトボンディングでは難しい場合は別の治療法を

虫歯部分が大きい場合や、歯と歯の隙間が広すぎる場合など、ダイレクトボンディングでは対応が難しい症例の場合は、型取りを行ってセラミッククラウンなどを被せるなど別の治療法が必要となります。

白く美しい歯は笑顔に自信を与えてくれます。どのような治療法が適しているか歯科医師とよく相談し、美しい歯を手に入れて生き生きとした毎日を送ってください。

 

当院の審美治療に関する治療についてはこちら