はぴねす歯科

お知らせ

マウスピース矯正のメリットについて

歯並びはきれいにしたいけど、矯正装置が目立つのがイヤ!とお思いになる方も多いと思います。特に接客業や受付など、人前に出る機会が多い方は歯列矯正を望んでも、どうしても躊躇してしまうのではないでしょうか。

そんなお悩みの方におすすめしたいのが、取り外し式の透明なマウスピースを使ったマウスピース矯正「インビザライン」です。

 

インビザラインの特徴

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社が提供する矯正治療法で、世界各国で導入されているマウスピース型矯正装置を用いた歯列矯正です。ではインビザラインと一般的なワイヤー矯正はどのように違うのか、インビザラインの特徴をご紹介致します。

・透明なマウスピースのため、装置が目立たない

・取り外し式のため、食事や歯磨きに影響がない

・虫歯や歯肉炎のリスクが低い

・マウスピース作製のための型取りが一度だけで済む

・クリンチェックという独自のソフトを用いて、モニター上で歯の動きと最終的な歯並びを予測することができる

・ホワイトニングを同時進行できる

・金属をまったく使わないウレタン素材のため、金属アレルギーの心配がない

 

このように、インビザラインは従来のワイヤー矯正と比べると実にメリットの多い治療法であるということがおわかりいただけることと思います。

特に取り外し式のため口腔内の衛生管理が行いやすいことは、マウスピース矯正の大きなメリットです。固定式の従来のワイヤー矯正はブラケットやワイヤーが固定されているため歯磨きが行いにくく、汚れが残ってプラークが作られやすくなります。プラークが作られると虫歯や歯肉炎の原因となり、矯正治療にも少なからず影響が出てしまうことがあります。

なおこれまではマウスピース矯正は抜歯を伴う症例には対応できないということが一般的でしたが、インビザラインでは抜歯を伴う症例にも対応可能なケースがあります。しかしすべての抜歯を伴うケースで対応できるとは限らないため、歯科医師とよく相談する必要があります。

 

インビザラインのデメリット

ではインビザラインのデメリットはどういったところでしょうか。続けてインビザラインのデメリットをご紹介致します。

・すべての症例に対応できるとは限らない

・取り外し式のため、きちんと保管しないと紛失する恐れがある

・患者様ご自身の管理が必要なため、サボってしまうと歯が動かない

 

インビザラインは幅広い症例に対して対応が可能ですが、難症例などは対応が難しい場合があります。

また固定式のワイヤー矯正と異なり、インビザラインは取り外し式のため管理は患者様ご自身で行っていただく必要があります。そのためマウスピースを紛失してしまう可能性も考えられます。

そして食事や歯磨きのたびに取り外すことがかえって面倒くさいと感じてしまうこともあるでしょう。しかしついサボってしまうと、歯は当然動きません。せっかく高い費用を出してインビザラインを始めたのですから、サボらずに自己管理をしっかり行うようにしなければいけません。

 

目立たず歯並びを整えて、笑顔に自信を

インビザラインの特徴についてご紹介しました。目立たず歯並びをきれいに整えることができるインビザラインは口腔内管理がしやすく、メリットが多い治療法です。歯並びを治したいけど目立つ装置に抵抗がある方は、いちど当院までご相談くださいませ。

 

当院の矯正治療について詳しい治療内容はこちら