はぴねす歯科

お知らせ

幼少期の頃から定期健診を

定期健診は成人だけが行うものだと思っていらっしゃいませんか?実は小さなお子さんの定期健診はたいへん重要で、健やかな乳歯および後から生えてくる永久歯のためにも、非常に大きな意味を持っているのです。

 

 

予防治療の重要性がずいぶん世間に浸透し、歯を失わないためにも定期健診に通う患者さんが増え始めています。定期健診を受けることで健康な歯の状態を維持し、虫歯や歯周病を早期発見および早期治療を行うことで、治療を最小限に抑えることを目的としています。

 

お子さんの定期健診も同じです。もし虫歯になってしまうと、虫歯治療が必要になります。特にお子さんが痛みを訴え出すと、どうしても歯を削る治療となり、お子さんによっては泣いてしまったり、治療を嫌がってしまうケースもよく起こります。

 

定期健診を受けていると、虫歯や歯肉炎などを早い段階で見つけることができるため、お子さんが痛みを訴える前に処置を行うことが可能となります。お子さんの歯のトラブルで最も多い虫歯は、虫歯菌が出す酸により歯が溶けてしまう病気ですが、虫歯はいきなり歯に穴が開くわけではありません。酸により歯の表面のエナメル質が少し溶ける「脱灰(だっかい)」から始まります。脱灰は永久歯でも同じメカニズムで起こりますが、乳歯は成人の永久歯に比べてエナメル質が薄く弱いため、虫歯に移行しやすいという特徴があります。

 

脱灰は歯の表面が白く濁ったようになっていますが、ご家庭で見つけることはなかなか難しいため、気づかないうちに虫歯になってしまうことが多いのです。

 

定期健診を受診することで、虫歯や歯肉炎だけでなく、脱灰もみつけることが可能です。脱灰状態ならまだ歯を削ることなく治癒させることが可能なため、乳歯の健康を守ることができます。

 

また定期健診では歯質を強化するためのフッ化物を歯の表面に塗布します。歯科医院で使用するフッ化物は濃度が高いため、歯の質を強くして虫歯に負けない歯を作ることが可能です。またフッ化物は歯の再石灰化を助ける効果もあるため、脱灰状態の歯にフッ化物を塗布して経過を見ます。

 

また定期健診では虫歯や歯肉炎の有無だけでなく、歯並びや噛み合せについても確認します。顎の大きさや乳歯の生え方、永久歯が正しく萌出されているかどうかをチェックし、歯並びや噛み合わせに問題がないかどうかなども見ます。もし歯列矯正が必要と診断された場合、早めに矯正治療を開始することでお子さんの矯正治療の負担が軽くなることも考えられます。

 

お子さんの定期健診は、健康な乳歯から永久歯へバトンタッチするためにとても大切であることがわかりいただけたでしょうか。定期健診は、歯が生え始めたら受診することができます。お子さんの健やかな成長のためにも、是非定期健診の受診をお勧め致します。

 

当院の小児歯科についてはこちら