はぴねす歯科

お知らせ

口元の審美性を大きく損ねる歯ぐきの黒ずみの正体とは?

鏡に映る口元を見て、笑顔に自信がなくなってしまう・・・その原因のひとつに差し歯による歯ぐきの黒ずみが挙げられます。どんなに頑張って歯磨きをしても、ホワイトニングを受けて真っ白になった歯でも、歯ぐきが黒ずんでいると、笑顔も台無しになってしまいます。今回は、保険の差し歯による歯ぐきの黒ずみについてお話を進めてまいります。

 

保険の差し歯に生じる歯ぐきの黒ずみとは?

前歯を保険の差し歯にした場合、見える表側は白いレジン、裏側は金銀パラジウム合金である金属で作製されます。犬歯までは保険適用の場合、見た目はきれいな白い差し歯が装着されます。何よりも経済的なメリットも大きいことで、保険適用の補綴物を選択される方も多いことでしょう。

しかしこの保険の差し歯こそが、歯ぐきの黒ずみを生じさせる原因です。年数が経つにつれて歯ぐきが少しずつ下がり、それとともに金属がイオン化して溶け出し、歯ぐきに色素沈着を起こします。この色素沈着は「メタルタトゥー」と呼ばれるもので、口元の審美性を大きく損ねるトラブルのひとつです。

また奥歯の被せ物が全て金銀パラジウム合金で作られているFMC(フルメタルクラウン)という被せ物も、メタルタトゥーを引き起こす補綴物です。ただ奥歯のため、メタルタトゥーが起きてもそれほど目立ちませんが、小臼歯にメタルタトゥーが起こるとやや目立ってしまうでしょう。

 

歯ぐきの黒ずみの改善と予防にはセラミック治療が有効

歯ぐきの黒ずみを改善するためには、まず金属を一切使わない差し歯に変えることです。オールセラミッククラウンやジルコニアセラミック、e-maxといったセラミックの被せ物は金属を一切使用していません。そのため歯ぐきに色素沈着を起こす心配がなく、美しい口元を作り出してくれます。

また金属アレルギーの心配もないため、お口の中だけでなく体にも優しい治療法であると言えます。

なおセラミックの補綴物の中にフルジルコニアという種類がありますが、審美性に少し劣るため、強度を生かして奥歯に使用することをお勧めします。

また歯ぐきの黒ずみの度合いが強い場合は、歯科用レーザーやガムブリーチという方法を行うことで少しずつ元に戻ります。

 

結果的に保険と自費の費用は変わらない場合も

保険適用の差し歯は安価で治療できることがメリットのひとつと考えられます。しかし保険の差し歯は寿命がやや短く、だんだん劣化することで審美性も劣ってきます。また二次カリエスの問題もあるため、何年かにいちどは再治療を行うケースが多く、結果的に治療費がかかってしまうでしょう。

自費の素材は確かに高額な費用がかかります。しかし寿命が長く、審美性も持続するため頻繁に再治療を行うケースが少なく、結果的に保険と自費の治療費は変わらないこともあります。

笑顔で毎日を過ごすことは、健康にもとてもよいことです。美しい口元は素敵な笑顔を作り出してくれることでしょう。歯ぐきの黒ずみが気になる方は、いちど審美治療を考えてみてはいかがでしょうか。

 

当院のセラミック治療について詳しい内容はこちら