はぴねす歯科

お知らせ

歯根に負担がかかりにくいファイバーコアとは?

神経まで達した虫歯の場合、根の治療を行ったあとにオールセラミッククラウンなどの被せ物を被せて機能を修復しますが、歯をたくさん削るため、コア(土台)を立てる必要があります。コアにはいくつか種類がありますが、今回はファイバーコアについてお話をいたします。

 

コアの種類について

 

根の治療を終えたあとに立てるコアには、主に次の3つの種類があります。

・メタルコア

・レジンコア

・ファイバーコア

 

まずメタルコアですが、メタルとは金属という意味で、その名のとおり金属の土台です。メタルコアは保険適用素材のため、治療費を安く抑えることができます。また金属のため非常に丈夫で、固いものを噛んだ際にも破損することはまずありません。

しかしメタルコアのデメリットは、その強すぎる強度にあります。根の治療では歯をたくさん削り、虫歯の範囲によっては、歯質が薄くなるほど削らなければいけない場合があります。そこへメタルコアを立てると、噛んだときに歯の根に非常に大きな負担がかかり、最悪の場合、歯や歯の根が折れる「歯根破折」が起きてしまいます。また金属のため透過性が悪く、CAD/CAM冠などの白い被せ物を被せた際、コアが透けてしまうため審美性が損なわれてしまいます。

 

レジンコアは、歯科用プラスチックを使った保険適用の土台で、白く透過性に優れています。そのため主に小臼歯に用いられる保険適用のCAD/CAM冠と組み合わせることで、保険内できれいな白い歯を手に入れることができます。しかしレジンはメタルコアと比べると耐久性に不安があります。

 

ファイバーコアは、強度に優れているグラスファイバーを樹脂で固めたもので、しなやかさで弾力性に優れていることが特徴です。根の治療を行った歯は歯髄を取り除いた状態で、血液などの栄養分が歯に届きません。そのため歯質が脆くなっており、噛んだときに過度な負荷がかかると歯の根が割れてしまう恐れがあります。歯の根が折れてしまったらほとんどの場合、抜歯になってしまいます。ファイバーコアはしなやかさが特徴であり、歯の根が割れる可能性をを回避できる可能性が高い土台です。歯根破折を回避できることは歯を守る上で非常に重要で、ファイバーコアが持つ大きなメリットと言えます。

また透過性に優れており、セラミッククラウンなど審美性に優れた被せ物を装着したときも、セラミックの美しさを損ねることがありません。

ファイバーコアのデメリットは、保険適用外のため、セラミッククラウンなどと併せて治療することで治療費が高くなってしまうことです。自費素材であるファイバーコアを使う場合、被せ物も自費素材となるため、必然的に治療費が高くなってしまうのです。

 

審美性だけでなく歯にやさしいファイバーコア

ファイバーコアの特徴についてお話いたしました。セラミッククラウンの美しさを支えるファイバーコアは審美性だけなく歯の根を守ることが可能です。少しでも歯を長持ちさせるためにもとても有効な治療法だと言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら