歯のクリーニング「PMTC」とは?ホワイトニングとの違いについて|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

歯のクリーニング「PMTC」とは?ホワイトニングとの違いについて

どんなに毎日頑張って歯磨きを行っても、どうしても汚れやプラークは付いてしまいます。歯に付着する汚れは日常の飲食によるステインだけではありません。虫歯や歯周病の原因となるプラークこそ、歯とお口の中の健康を損ねてしまいます。このような日常の汚れとプラークを除去するには、歯のクリーニングである「PMTC」が必要です。ではPMTCとはどのようなことを行うのか、ホワイトニングとはどう違うのかについてお話をいたします。

 

PMTCとは?

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の頭文字を取ったもので、専用の器械を使って歯科衛生士などの専門家が歯の汚れを落とすことを意味します。溜まった歯石を取り除く歯石除去とはまた異なり、PMTCは歯の汚れおよびプラークを取り除きます。PMTCを受けることで、歯の汚れを取り除いて本来の色を取り戻すことができます。また虫歯や歯周病の元凶となるプラークを取り除いて、歯の健康を維持することを目的としています。

 

ホワイトニングとの違いについて

同じ歯を白く巣する施術でも、PMTCとホワイトニングでは根本的に目的が異なります。

PMTCは、専用のペーストやラバーチップなどを使い、歯の表面に付着した着色汚れをきれいに落として、ご自身の歯本来の色を取り戻します。

またプラークが付着した場合、日常の歯磨きではなかなか落とすことができませんが、PMTCを受けることにより、目では確認しにくい部位に付着したプラークをすっきり落とすことができます。プラークが溜まると虫歯、そして歯を失う大きな原因となる歯周病リスクが高まってしまいます。

定期健診の際にPMTCを受けることで、歯の色が蘇るとともに、健康なお口の中の状態を維持することが可能となります。

 

いっぽうホワイトニングは、専用の薬剤を歯に塗布し、光や熱を利用して色素を分解して歯本来の色よりも白く仕上げることを目的とした施術です。PMTCと比べると、審美性にぐっと優れており、より歯を白く、美しい口元に仕上げたいとお考えの方に向く施術です。PMTCでも十分きれいになりますが、より真っ白な歯を手に入れたいという方にはホワイトニングが適しています。ガンコなタバコのヤニで茶色くなった歯などは、PMTCよりもホワイトニングのほうが白く仕上がるでしょう。

ただし妊娠中など、ホワイトニングができない状態の方はPMTCを受けることできれいな歯を手に入れることができます。

 

クリスマスや年末年始を控えているシーズンです。白くきれいな歯で充実した毎日を過ごされてみてはいかがでしょうか。

 

当院のホワイトニングについてはこちら