はぴねす歯科

お知らせ

「歯が痛いよ・・・」とお子さんが訴える前に親御さんがすべきこととは?

小さなお子さんに起こる歯のトラブルで最も多いのは、虫歯です。乳歯はエナメル質が薄く弱いため、虫歯菌が出す酸によって溶けやすいという特徴があります。虫歯による細菌感染が神経まで達すると、痛みとなって現れます。まだ小さなうちは痛みに対してそれほど敏感ではないため、もしかすると、ちょっとした歯の痛み程度ではお子さんは何も言わない場合があります。

 

そのためお子さんが「歯が痛い」と言い出した頃には、虫歯はかなり進行して歯が真っ黒になっているケースも少なくはありません。真っ黒になって穴が開いた歯になってしまうと、治療時に痛みを伴うとともに、歯科治療に対する恐怖心で治療どころではなくなってしまうことも多々あります。乳歯は生え変わりますが、乳歯がひどい虫歯になったり、生え変わりを待たずに抜歯をしなければならなくなると、後から生える永久歯に悪影響が出てしまいます。

 

ここまで虫歯を進行させないために特に大切なポイントを3つ、お伝えします。

① 虫歯にならない食生活を送るようにしてあげること

② どんなにお子さんがイヤがっても仕上げ磨きをしっかりしてあげること

③ 定期健診を受診し、歯や歯ぐきに異常がないかどうかをチェックしてもらい、定期的にフッ素塗布などを行うこと

 

食生活は健康な歯を作るための基本です。甘いものが一概にダメとは言いませんが、砂糖をたくさん含んだ食べ物はお子さんも大変好みます。好きな味を覚えてしまうと、そればかり強請ってしまうことは容易に想像ができます。砂糖をたくさん摂ることは、虫歯が作られる大きな原因になります。また砂糖をたくさん含んだ食べ物をだらだらと与え続けると、一気に虫歯リスクが高まってしまいます。お子さんが好む乳酸菌飲料や炭酸ジュースなどは、特に要注意です。砂糖を控え、健康によい食事を与えることは、自然と虫歯になりにくい環境を整えることになります。

保護者の仕上げ磨きもとても大切です。小さなお子さんはまだまだ上手に歯磨きができません。小学校高学年になっても、うまく磨けずに歯肉炎になってしまうケースも大変多いため、ある程度の年齢まではしっかりと仕上げ磨きをしてあげましょう。

そして定期健診を受診し、虫歯や歯肉炎になっていないかどうかをチェックしてもらうことも大切です。多くの歯科医院では、お子さんの定期健診のときにフッ素塗布を行います。フッ素を塗っておくことで歯質を強化し、虫歯になりにくい歯を作り出します。またフッ素には、歯の表面が少し溶けた「脱灰(だっかい)」という状態の歯を修復する役目も持っています。定期健診を受けていると、脱灰になっている歯を発見することが可能です。虫歯に進行する前に、フッ素を塗って自然治癒を促すことで、歯を削らずに済む場合があります。

 

お子さんが歯の痛みを訴える前に、普段の生活からできることを行って、大切な歯を守ってあげて下さい。

 

当院の小児歯科についてはこちら