歯並びが悪い人こそ歯間ケアを|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

歯並びが悪い人こそ歯間ケアを

歯並びが悪いデメリットのひとつに、虫歯や歯周病のリスクが高いことが挙げられます。虫歯や歯周病を引き起こす要因は、口腔内の不衛生によるプラークです。プラークは歯磨きが十分に行われていない場合に形成され、虫歯菌や歯周病菌が棲みついて酸や毒素を放出します。

プラークが溜まらないようにするためには、十分な歯磨きです。特に噛み合わせの面と比べると歯と歯の間は汚れが残りやすく、プラークが付きやすくなります。

よく耳にする「プラークコントロール」を的確に行うためには、歯ブラシだけでは実は不十分なのです。歯ブラシだけを使っている場合、汚れ落ちは60%程度と言われていますが、デンタルフロスや歯間ブラシを使った歯間ケアを行うことで、プラーク除去率はグンと上がります。

特に歯並びの悪い人は歯ブラシだけではまず汚れは落とせません。というのもガタガタの歯並びの場合、歯ブラシの毛先が歯と歯の間に通らないためです。歯並びが良い人でも、完全に毛先が歯間に入り込むことが難しいことを考えると、歯並びの悪い人はなおさら歯ブラシだけでは不十分です。

デンタルフロスや歯間ブラシを一日に一回、特に就寝前の歯磨きの後に、必ず行うようにしてください。就寝中は唾液の分泌量が減ることで、細菌の活動が活発になり、爆発的に増殖します。歯と歯の間に汚れが残っていると、細菌が汚れに寄り付いてプラークを作り出します。これがやがて虫歯や歯肉炎、歯周炎などを引き起こしてしまうのです。

特に歯周病リスクが懸念されます。プラークが石灰化すると歯石となり、そこへ新たなプラークが蓄積され、歯周病を悪化させてしまうため、歯間ケアによるプラークコントロールは欠かせません。

歯並びの悪い人は、特に虫歯や歯周病リスクが高くなります。またプラークは口臭の原因にもなるため、相手に不快感を与えてしまいかねません。

ガタガタの歯並びによる審美的なことよりも、寧ろお口の中の健康面が問題点となります。見た目と歯の健康の両面を考えると、歯列矯正を行うことが望ましいでしょう。

 

歯列矯正を行うことで歯磨きが行いやすくなり、プラークコントロールが良好になる傾向が高くなります。歯列矯正中はブラケット周りに汚れが付きやすくなりますが、歯科医院で定期的にクリーニングすることでお口の中の衛生状態を保つことができます。

またマウスピース矯正なら取り外し式のため、歯磨きや歯間ケアが行いやすくなります。どちらの矯正方法が適しているかは、歯科医師と相談して決めると良いでしょう。

歯並びの良い人も悪い人も、フロスや歯間ブラシを使ったケアをしっかりと行って、お口の中の健康を守るようにしましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら