はぴねす歯科

お知らせ

保険適用のCAD/CAM冠の良さと課題について

被せ物には保険適用のものと保険外のものがあり、その特徴は様々です。保険適用の場合、前歯から犬歯までは、表側が白いプラスチック、裏側が金属となります。また小臼歯から奥の歯は、金属素材の被せ物になります。

 

CAD/CAM冠について

金属は強度が強い反面、審美性に問題があること、また汚れが付きやすく、被せ物の内部で再び虫歯になる二次カリエスのリスクが高いことがデメリットです。

特に小臼歯で金属が用いられた場合、笑ったときに金属が非常に目立ち、銀歯が見えることが恥ずかしいと思う方も少なくありません。

そこで保険改定とともに新たに「CAD/CAM冠」という白い素材が保険適用素材として適用されるようになりました。

CAD/CAM冠とは、ハイブリッドレジンという従来のレジンよりも丈夫な素材を使って、コンピューターで削りだして作られるクラウンです。

金属を一切使っておらず、白くなめらかな素材は、小臼歯そして条件付ながら、下顎第一大臼歯(6番目の歯)に適用されます。そのため金属のように目立つことなく、笑顔を素敵にみせてくれることでしょう。

また従来の金属クラウンに比べると歯に優しいこともCAD/CAM冠の良さでもあります。

加えて保険適用となったため、安価で作製することが可能となったことは、経済的にも負担が少なく済みます。

しかしCAD/CAMにもデメリットは持ち合わせています。まずはレジンを使用しているため、年数が経つと変色したり汚れが付着してきます。また多少ザラつきがある素材のため、プラークが付きやすいということもデメリットです。

また強度に不安があり、強い力が加わると割れてしまう恐れがあります。歯に優しい反面、強度では金属には適いません。場合によっては金属のほうがよい場合もあります。

そして小臼歯および下顎第一大臼歯しか適用されないため、下の7番目の歯や上の奥歯には適用できません。使用できる条件が限られているため、希望に添えない場合があります。

 

審美面、耐久性ともに優れているのはやはりセラミック系

メリットの多いCAD/CAM冠ですが、適用に制限があることは大きなマイナス点といえるでしょう。特に耐久性は同じ保険適用と比べて劣るため、負荷がかかりやすい方には不向きです。

このようなことから考えると、審美性および耐久性に優れているのはジルコニアセラミックやe-maxなどのセラミック系であると考えられます。ハイブリッドもセラミック系ですが、レジンが含まれている分、レジンの特色が強く出てしまいがちになります。

CAD/CAM冠での適用が難しい場合、セラミッククラウンを選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

 

当院の審美治療についてはこちら