はぴねす歯科

お知らせ

より美しい口元を求めるなら、セラミック+ホワイトニング

オールセラミックやジルコニアセラミックなど、保険外のセラミックの被せ物は、白く美しく、お口の中をきれいな状態へと導くことができる優れた補綴物です。なぜセラミック系の補綴物は美しいかというと、保険適応のレジンと比較すると、色調を細かく調整できるからです。レジンは色調が少なく、微妙な色調までは再現が困難です。

これに対しセラミックは、ただ白いだけでなく、ご自身の歯の色に最も馴染む自然な色調に整えることが可能です。一見すると、人工歯に見えないほど周りと調和しており、自然な美しさが特徴と言えるでしょう。

「せっかく白くきれいなセラミックの歯を入れるのだから、他の歯もホワイトニングで白くキレイにしたい」と思いませんか?

ここで気をつけなければいけないことは、セラミックの人工歯の装着とホワイトニングの順番です。先にセラミックの色調を決めてしまうと、後からホワイトニングを行った場合、人工歯とホワイトニングを行った天然歯との間に色の差が出てしまうことがあります。

もし治療を続けていくうちに、治療中の歯だけでなく全体を美しくしたいとお思いになった場合、先にホワイトニングを済ませておくことをお勧めします。

ホワイトニングで白くなった歯に合わせてセラミッククラウンの色調を合わすことで、お口の中全体が均一な美しさを保つことができるでしょう。

ホワイトニングはいちど行うと、ほとんどの方がオフィスホワイトニングあるいはホームホワイトニングのどちらかを継続的に行う方がほとんどです。セラミッククラウンをはじめとした人工歯はホワイトニングを行っても白くなりません。白くなるのは天然歯だけです。

ホワイトニングで白くした歯に合わせてセラミッククラウンの型取りを行い、色調を合わせることがベストと言えます。

なお、セラミックの中でもジルコニアだけを使ったオールジルコニアクラウンは色調が単調で、やや人工的な白さです。そのためホワイトニングを行った歯と比べても、どこか不自然な白さのため、前歯および小臼歯はおすすめできません。オールジルコニアは強度がたいへん優れており、金属以上の強さを持ち合わせています。オールジルコニアはセラミッククラウンやジルコニアクラウンなどと比べると、価格を抑えることができます。オールジルコニアを選択するなら、上の奥の見えにくいところにするとよいでしょう。

オールセラミックか、ジルコニアセラミックなど、セラミックを焼き付けたタイプのクラウンを選択することで、美しい白い歯を手に入れることができます。

お口の中全体をキレイに整えて、よい状態をキープできるようにしましょう。

 

当院の審美治療についてはこちら