はぴねす歯科

お知らせ

歯並びの悪さは虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります

歯並びがガタガタしていると、鏡に映る笑顔に自信を失くしてしまいがちです。歯並びの悪さは審美的な影響が最も大きいと考えがちですが、それ以外にも歯並びの悪さは、お口の健康に深刻なダメージを与えてしまう可能性があるのです。

 

歯並びが悪くなると、歯磨きがし辛くなる

 

歯列の整った歯は、見た目がきれいだけでなく、歯が健康であること、そして歯ぐきも引き締まったピンク色で、健康的なことにお気づきでしょうか。

これは、歯列が整っていることでブラッシングが行いやすく、汚れがきちんと落とせていることからプラークが付きにくいことを意味しています。

逆にデコボコした歯並びや八重歯、小臼歯が内側に傾いているなど、歯並びの乱れや噛み合わせの異常が目立つ場合、ブラッシングが非常に行いづらく、汚れやプラークが溜まりやすくなっています。

特に下の歯並びが悪いと、前歯の裏側に歯石が溜まりやすく、歯肉炎や歯周炎を引き起こしやすくなります。

デンタルフロスも通しづらく、歯並びが良い人と比較すると、どうしても汚れが残りやすくなってしまうのです。

このことからもわかるように、歯並びが悪い人は虫歯や歯肉炎になりやすく、出っ歯の方は口呼吸になってしまうことから、口が渇いて細菌が増殖しやすい傾向にあるのです。

 

見た目だけでなく、お口の健康を考えるなら歯列矯正を

 

歯並びが悪いから笑顔に自信がない方は、虫歯や歯肉炎といったお口の中のトラブルも起こりやすいということを知っておく必要があります。

逆に歯列が整うと、歯磨きが行いやすいためプラークが溜まりにくく、虫歯や歯周病のリスクを低減することが可能となります。

審美的そしてお口の健康のことを考慮すると、やはり歯列矯正を行うことが望ましいでしょう。

歯列矯正には色々な種類があり、最もオーソドックスなワイヤー矯正をはじめ、取り外し式のマウスピース矯正、気になる部分だけを矯正する部分矯正などがあります。

「歯列矯正は矯正装置がギラギラしてて嫌」と敬遠さっれる方にも、目立たない装置で歯並びを整える治療法があります。ブラケット矯正なら金属ではなくセラミックを使ったセラミックブラケット+ホワイトワイヤーなら、矯正装置をつけていることがほとんどわかりません。

さらに透明なマウスピース矯正を使ったインビザラインは、マウスピース作製がいちどで済み、患者さんに負担がかかりません。また歯の動き方や最終的な歯並びを、コンピューター上のシュミレーションにて確認できるため、矯正治療のモチベーションを維持しやすくなります。

そして少しの矯正には部分矯正が適しています。矯正期間も短く済むケースが多いため、前歯だけを治したい方には最適でしょう。

 

歯並びを整えて、健康で美しい歯を維持しましょう

お口の健康は、美しい歯並びと健康な歯と歯ぐきから成り立ちます。そのためにはお口のケアが欠かせません。しっかりと汚れを落とし、清潔な口腔内を保つためにも、歯並びの乱れやかみ合わせに異常がある方は、いちど歯科医院を受診することをお勧めします。

 

当院の矯正治療についてはこちら