はぴねす歯科

お知らせ

年齢を重ねてからでも遅くありません。笑顔で毎日を過ごしてみませんか?

「年を取ったからもう歯なんてどうでもいい」。こんな悲しい言葉を耳にすることは、実は少なくありません。年齢を重ねていくからこそ、歯は大事にすべきなのです。古くなった差し歯や銀歯を、白い歯に変えて笑顔で毎日を過ごしてみませんか?

 

お口を開けてみると、古い銀歯や変色した差し歯が・・・

 

年齢を重ねた方によくありがちなのが、まず前歯の差し歯の変色です。犬歯までの前歯は、保険で白い差し歯にすることが可能です。しかし保険の差し歯はプラスチックのため、年数が経つと表面に傷がつき、そこへ色素や汚れが付着して黄色く黄ばんでしまいます。周りの歯がそれなりに白いと、余計にその黄ばみが目立ってしまいます。

また奥歯に銀歯とはまた違った、黒っぽい詰め物はありませんか?それはアマルガムという水銀を含んだ金属の可能性が高く、体にも有害であると言われている詰め物です。今ではアマルガムを使った虫歯治療はほとんどありませんが、数十年前までは、アマルガム充填は虫歯治療の詰め物として虫歯治療の主流でした。

しかし金属素材を使った歯科治療は、金属アレルギーの原因になるということがわかってきており、特にアマルガムは水銀を含んでおり、体にとって有害であることが危惧されています。

この他にも、金銀パラジウム合金を使った詰め物や被せ物も、腐食しやすいうえ、二次カリエスのリスクが高い補綴物です。審美的にも劣り、お口を開けて会話や食事を楽しむのも、最早あきらめの心境になってしまうのではないでしょうか。

このように、保険による差し歯や詰め物、被せ物は審美的だけでなく、お口の中や体にもあまりよい影響を与えないのです。

 

セラミック治療なら、笑顔に自信を持つことができます

 

何年かぶりの同窓会なのに、口元に自信がない、黄ばんだ前歯が恥ずかしい、銀歯だらけで大きな口を開けられない・・・。そのようなお悩みをお持ちの方は、セラミックによる治療がお勧めです。

前歯は審美面が最も重視される部位のため、オールセラミックかジルコニアセラミックが適しているでしょう。周りの歯の色に合わせて色調を調整できるため、周りの歯の色と自然に調和します。

小臼歯や奥歯の詰め物は、e-maxが最適です。e-maxは強度にも優れており、機能的にも優れています。

奥歯の被せ物は強度が重視されます。ジルコニアセラミックは審美的、強度に優れているため、奥歯の銀歯が気になる方におすすめです。

わずかな隙間が気になる場合は、ダイレクトボンディングによる治療が適しています。

このように、セラミックを使った治療を行うことで、お口の中の審美的なお悩みの解消に役立つことでしょう。

 

いくつになっても楽しい毎日を送るためにも、お口の中をキレイにしてみませんか?

 

当院の審美治療についてはこちら