はぴねす歯科

お知らせ

歯磨き、きちんとできていますか?

 

歯磨きがきちんと行われないと、お口の中の様々なトラブルに繋がります

毎日行う歯磨きですが、ただ何となく行っていませんか?歯磨きは、歯に付着した食べかすや汚れをきれいに落として清潔にし、歯と歯ぐきの健康を維持することを目的としています。その際、歯ブラシがきちんと歯や歯ぐきのきわに当たることが大切です。きちんと磨けている人や、一定周期で歯ブラシを取り替えている人の歯ブラシは、毛先がそれほど広がっていません。

ところが、ただ乱暴にゴシゴシと擦っている人や、いつまでも歯ブラシを交換しない人の歯ブラシは、毛先が広がっています。このような状態の歯ブラシでは汚れがきちんと落とせず、細菌が繁殖してプラークが作られてしまいます。

プラークが作られると、虫歯菌や歯周病菌が活動しやすい環境になってしまいます。虫歯菌が棲みついた場合は酸を放出して歯を溶かし、歯周病菌の場合は、歯ぐきや歯槽骨など歯を支える組織に炎症を起こしてしまいます。

どちらも歯を失う大きな要因であり、特に歯周病は痛みをあまり感じないまま進行するため、気が付いたときには歯がグラグラし、保存することが難しい状態となってしまいます。

虫歯も、再治療を繰り返すうちに歯を失ってしまう可能性が高くなります。

その他、歯磨きができていないと細菌が増殖し、口臭の原因となってしまいます。

このように、歯磨きがきちんとできていないと、お口の中の色々なトラブルを引き起こしてしまいます。

 

定期的に歯ブラシを交換すること

健康な歯とお口の中を作り上げるためには、歯磨きが最も重要です。歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当て、一本ずつ軽く磨くようにします。乱ぐい歯や八重歯などで磨きにくい歯は、歯ブラシを縦にして磨くようにするか、ワンタフトブラシを使って丁寧に磨くようにしてください。

また下の前歯の裏側は歯石が付きやすい部位です。歯の裏側は磨きにくいですが、就寝前の一回で構わないので、歯の裏側も磨くようにして下さい。

そして歯ブラシも重要です。何ヶ月も使った歯ブラシの毛先は広がってしまっています。これではきちんと歯磨きができず、汚れが溜まってしまいます。歯ブラシは、歯に付着した汚れを落とすとても大切なツールです。あなたの歯ブラシは大丈夫ですか?一ヶ月も使用すると、歯ブラシは雑菌の温床となってしまいます。1ヶ月に1回あるいは毛先が少し開いてきたなと感じたら、歯ブラシを新しいものに交換してください。

特に歯周病の人は、1ヶ月に一度は歯ブラシを新しいものに取り替えることをお勧めします。

被せ物の周りも、プラークが溜まりやすいので要注意です。銀歯やレジンは素材的に細菌が付着しやすく、二次カリエスのリスクが高くなってしまいます。再治療を行う際は、できれば細菌が付着しにくいセラミック素材を使った被せ物にすることをおすすめします。

 

当院のセラミック治療についてはこちら