はぴねす歯科

お知らせ

6歳臼歯はとても大切

6歳臼歯と呼ばれている奥歯は、言葉どおり6歳ごろに生えてくる永久歯で、将来とても大切な役割を持つ歯です。この6歳臼歯を大切にすることは、生涯の歯の健康にも繋がるのです。

 

とても酸に弱く、虫歯になりやすい6歳臼歯

6歳臼歯は、乳歯が生えている前歯などと異なり、乳歯がない場所から歯ぐきを突き破って生えてきます。生えたばかりの永久歯はどれもそうですが、エナメル質が成人の永久歯と比べてまだまだ未熟で、酸にとても弱い状態です。特に6歳臼歯は咬合面の溝が深く、食べかすが残りやすいことから虫歯になりやすいといえます。

お子さんの食生活に関しても、6歳ごろといえば砂糖がたくさん使われている甘いものなどを好んで食べる時期でしょう。特に炭酸ジュースや乳酸菌飲料は砂糖がふんだんに使われており、自分で冷蔵庫から出して好きなときに飲んでいるお子さんも少なくはありません。

このような食生活や生活習慣を送っていると、6歳臼歯はすぐに酸に溶かされて、やがて虫歯になってしまいます。

 

永久歯の中でも最も大切な役割を持つ6歳臼歯

6歳臼歯は一般的に呼ばれている呼ばれ方で、正式には「第一大臼歯」と言います。第一大臼歯は、「噛む」ということに対して最も重要なポジションを占める歯で、虫歯や歯周病などでこの歯を失ってしまうとしっかり噛むことができず、脳の発達や健康に影響が出るほか、顔の表情も変わってしまいます。そのため、第一大臼歯は特に念入りなケアが必要ですが、奥歯の中でも虫歯になりやすい歯で、成人や高齢者の方で既に銀歯や入れ歯になっている方が大多数というのが現実です。

 

6歳臼歯を虫歯から守るためには

では言い方を6歳臼歯に戻しましょう。6歳臼歯は先ほども申したとおり、非常に虫歯になりやすい歯です。そのためしっかりとしたブラッシングがとても重要です。自分で磨くべき年齢ですが、保護者の仕上げ磨きはまだまだ必要です。自分で磨いたあと、必ず仕上げ磨きを行い、特に6歳臼歯は念入りにブラッシングしてあげましょう。

歯科医院で6歳臼歯の溝を一時的に埋めて汚れが溝に入り込むことを防ぐ「シーラント」という処置も有効です。シーラントをすると絶対に虫歯にならないという保証はありませんが、ある程度虫歯リスクを低減できるため、歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか。

そしてお子さんの定期検診も必ず受けるようにして下さい。大人の定期検診同様、お子さんも定期的に歯科医院を受診し、永久歯が虫歯になっていないか、歯並びに問題はないかどうかなどをチェックしてもらいましょう。そして歯ブラシ指導やフッ素塗布などで虫歯から歯を守るようにして下さい。

 

将来の歯の健康のためにも、6歳臼歯は絶対に虫歯にしない!というくらいの心構えで頑張ってみましょう。

 

当院の小児歯科についてはこちら