はぴねす歯科

お知らせ

少しでもできたら、いっぱい褒めてあげましょう

大多数のお子さんは、歯医者さんが苦手です。歯医者さんに来るとそれまで笑顔だったのが一転、大泣きしてご両親も困ってしまうことでしょう。子どもは泣いて当たり前。少しでもできればまず褒めてあげることが大切です。

「歯医者さん怖い、大嫌い」。自分から好き好んで歯医者に行きたがるお子さんはごく少数です。歯医者さんはなぜキライなのでしょうか。それは治療が怖いからではなく、何をされるかわからないからでしょう。

よく初診受付の電話で聞くのが「子どもを診てほしいのですが、まだ小さいので泣くと思います・・・」という保護者の不安の声です。つまりお子さんは「歯医者に行くと絶対に泣く」と思われているのです。

確かに虫歯を削る音や振動が怖くて泣いてしまうでしょう。そして保護者の方はそんな子どもの姿を見て思わず「泣かないの!」「泣くと先生に怒られてしまうよ」「泣くと注射されるよ」と言ってしまうのではないでしょうか。

これではますますお子さんが萎縮し、歯医者嫌いに拍車がかかってしまいます。

まず、歯医者に来たことだけでも褒めてあげましょう。歯医者さんは怖いところではありません。でもお子さんにとっては未知の場所であり、恐怖で泣いてしまうのも当たり前です。チェアに座れたことをまず褒めてあげましょう。

もし治療が進まなければ、それはそれで構いません。小児歯科の看板を掲げている歯科医院では、お子さんのペースに合わせて治療を進めていきます。前のときにはできていたことが、次の治療ではできないこともしばしばあります。そんなときは、歯科医師も無理に治療を進めません。そのときにできそうなことを行い、お子さんに自信をつけてあげるようにします。歯ブラシを持って自分で歯に当ててみたり、フッ素だけ塗ったりなど、お子さんのペースに合わせ、「次もまた来てね」と送り出します。

このとき、ひとつでもできていることがあれば、大いに褒めてあげて下さい。もし大泣きしていたら、後でも構いません。「頑張って座れたね」「お薬塗ってもらって良かったね」など、ささいなことでも褒めてあげて、お子さんの自信に繋げてあげて下さい。

たまに治療が全くできないときに「先生ごめんなさい」と謝りの言葉を口にする保護者の方がいらっしゃますが、それは気にする必要はありません。頑張って来たことを褒め、次の来院に繋げてあげるようにしてください。

子どもは、保護者の褒め言葉がいちばんの自信になります。それは歯科医師でも受け付けでもなく、保護者の言葉が最もダイレクトに響くのです。少しでもできたら、いっぱい褒めてあげるようにしてください。

 

当院の小児歯科についてはこちら