はぴねす歯科

お知らせ

お口を開けたときに、その差は歴然とします

お口を開けたときに見える銀色の詰め物は、ご自身が思っている以上に目立つものです。相手に与える第一印象は実は目ではなく、口元です。お口の中に鈍く光る銀歯を白いものに変えて、快活な毎日を送ってみませんか。

 

保険適用の詰め物は金属かレジン

 

小臼歯に虫歯ができた場合、虫歯部分を削って治療をします。虫歯が深く、神経に近い部分まで広がっていた場合、インレーと呼ばれる詰め物を詰めて削った部分を修復します。

保険適用の場合、この詰め物は金銀パラジウム合金という金属でいわゆる「銀歯」と呼ばれるものになります。金属は強度に優れており、固いものでもしっかりと噛めるという利点があります。また保険適用のため、安価で治療できます。

しかし金銀パラジウム合金は見た目に問題があり、大変目立ってしまいます。特に下の歯の場合、大きな口を開けたときに相手からよく見える部位に銀歯が鈍く光っているのが丸わかりです。左右にたくさんの銀歯が入っていると、相手にも「銀歯だらけの歯だな・・・」と思われるかもしれません。

また銀歯は歯との接着があまりよいものではありません。歯と金属のインレーは接着ではなく「合着」という方法で修復します。歯とインレーの間にはどうしてもわずかな隙間が生じ、そこへ虫歯菌を含んだ唾液が少しずつ流れ込みます。数年後にはインレーの下で再び虫歯になり、再治療を余儀なくされます。

またインレーの中にはレジンで作る「CRインレー」というものがあります。CRとはコンポジットレジンの略で、白い歯科用プラスチックのことです。白いレジンで作ったインレーは見た目には銀歯よりもずっと優れています。しかしレジンは割れやすいという欠点があり、噛んだ際に割れてしまう可能性がかなり高いことが欠点です。その結果、やはり強度が強い金属が選択肢として選ばれることでしょう。

このように、保険適用のインレーは色々な欠点を抱えている修復物であると考えられます。

 

強度、審美性に優れているセラミック系インレー

強度と審美性の両方を兼ね備えているのは、セラミック系です。セラミックは白く美しいため、審美性は文句ありません。また気になる強度ですが、一般的にセラミックは強度に優れています。しかしオールセラミックインレーや、レジンとセラミックを混ぜたハイブリッドインレーは、強度に若干の不安が残ります。

 

インレーとして最もおすすめなのが、ジルコニアインレーとe-maxインレーです。ジルコニアは人工ダイヤモンドと言われるほど強度が強く、金属にも劣りません。またe-maxインレーは次世代セラミックとも言われており、強度にとても優れています。どちらも審美性にも優れており、お口の中に装着しても天然の歯と自然に馴染みます。そのためお口を開けても治療したとは思えないほど、美しい仕上がりです。

またセラミックは汚れが付きにくく、歯との密着性にも優れているため、インレーの下で虫歯になる可能性が低いこともメリットです。ただしインレーになったということは、虫歯が原因です。虫歯菌はいちどお口の中に入ると一生存在するため、セラミックを入れたといって安心しないよう、普段の歯磨きをしっかりと行い、定期検診は必ず受けるようにしましょう。

 

お口の中の銀歯に悩む方は、いちど歯科医院で相談してみて下さい。

 

当院のセラミック治療についてはこちら