はぴねす歯科

お知らせ

自分で磨けるかな?

 

赤ちゃんから幼児になるにつれ、自分でできることがどんどん増えてきます。そのひとつが、歯磨きです。

小さなお子さんが自分で小さな歯ブラシを持って歯をゴシゴシする姿、すごく可愛らしいですよね。しかし大半のお子さんは歯磨きが嫌いで、歯ブラシを見ただけで大泣きするお子さんもたくさんおり、保護者の方を手こずらせているようです。

これは恐らく、お口の中に異物が入ることに驚くこと、そして仕上げ磨きのために強制的に仰向けに寝かされることへの抵抗ではないかと思います。

また保護者の方は、お子さんの大切な乳歯を虫歯にさせたくないため、どうしても押さえつけたり叱ったりしながら仕上げ磨きを行っているのではないでしょうか。「仕上げ磨きの時間は格闘技や戦争」なのです。

お子さんが歯磨きに興味を持ち、自らはブラシを持って歯をゴシゴシできるようになるためには、まずお子さん自身が「歯磨きは楽しんで行う」ことから始まります。

いきなり仰向けに寝かせて歯ブラシを口に入れても、お子さんはイヤがるだけです。お子さんが歯磨きに対して興味を持つためには、お子さんが歯ブラシをイヤがらずに持つことから始めなければいけません。

好きな色やキャラクターなどが描かれている歯ブラシを、可愛らしい手で握ることができたら、まずは褒めてあげましょう。

次は歯に当てることです。お母さんの真似をしてお口に入れることができればすんなりと進みそうですが、もしお口の中に入れることをイヤがっても無理にさせないようにしましょう。

ここはDVDやぬいぐるみなどの力を借り、歯を磨くことに対してお子さんに興味を持ってもらうように考えを切り替えてください。

知育教育の付録などにある歯磨きのDVDを見たり、ぬいぐるみの歯に歯ブラシを当てて動かしてみるなど、歯磨きに対して少しずつ意識させてあげましょう。

根気が要りますが、保護者の方は暖かく見守ってあげてください。最終的に自分で歯磨きを行うようになることが目的ですので、少しずつ目的が達成できるように進めていきましょう。

その間は仕上げ磨きが必要です。仕上げ磨きは非常に大変ですが、短時間でもいいので、寝る前にはさっと歯ブラシで歯を磨いてあげて下さい。

うちの子、本当に自分で歯磨きができるようになるのかしら・・・と思うかもしれませんが、大人になって自分で磨かないことはまずありません。それほど心配しなくても大丈夫です。まずはお子さんが歯磨きに興味を持つことから始めてみてください。

 

当院の小児歯科についてはこちら