はぴねす歯科

お知らせ

あま~い飲み物は虫歯の危険性大!!

子どもが大好きな甘い飲み物。飲み物の種類によっては虫歯を引き起こす可能性が非常に高くなってしまいます。今回は、甘い飲み物のリスクについてお話を進めていきます。

 

子どもたちが大好きな甘い飲み物

暖かい季節になってくると、冷たくて美味しい飲み物が欲しくなります。特に小さなお子さんにとって甘い飲み物は、毎日のように飲みたくなってしまうことでしょう。

しかし甘い飲み物には砂糖がたくさん含まれており、摂取の仕方によっては虫歯リスクがとても高く、注意が必要です。特に炭酸ジュース、乳酸飲料などは、虫歯菌が大好きな砂糖が多量に含まれています。

キャラメルや飴などのように歯にくっつきやすいわけでもないのに虫歯リスクがとても高いのは、その飲み方にあります。だらだらと長時間にわたって飲み続けると、お口の中はずっと酸性の状態になり、やがて歯の表面が溶け出していきます。普通は再石灰化が行われることで歯の表面は修復されますが、甘い飲み物をたくさん飲みすぎると再石灰化がなかなか行われず、歯の表面はどんどん溶けてやがて虫歯に進行してしまうのです。

またスポーツをしているお子さんなどで注意していただきたいのが、スポーツドリンクです。スポーツにはスポーツドリンクが欠かせません。失った水分や塩分などを補給するために必要ですが、スポーツドリンクには意外と多くの糖分が使われています。そのためスポーツ時以外、つまり普通の時間にジュース代わりとしてたくさん飲むと、虫歯リスクが高くなってしまいます。

乳歯は特に要注意

特に乳歯は永久歯に比べて歯質が弱く、すぐ虫歯になってしまいます。離乳食時代は甘いものをできるだけ口にしないようにしていても、1歳を超えると大人と同じものを食べたり飲んだりするようになります。甘い味を知ってしまうと、離乳食時代の味の薄いものにはなかなか戻れず、毎日のように甘い飲み物やお菓子を摂るようになります。

保護者の方はこのようなリスクをきちんと理解し、お子さんの歯の健康に気をつけてあげなければいけません。

絶対にあげないのではなく、時間や量をきちんと決めて与えることが最も大切です。幼いうちはもっともっと、とねだってきます。時には泣いて欲しがるでしょう。

しかしお子さんの歯の健康を考えると、保護者の方がきちんと管理をしてあげなければいけません。子どもは際限なく好きなものを食べたり飲んだりするものです。大切なお子さんの歯を守るためには、保護者の管理が欠かせないのです。

乳歯はどうせ抜けるから虫歯になってもそれほど問題にならないのでは?と思うかもしれませんが、乳歯を早い段階で失ってしまうと、後の永久歯の歯並びにも影響が出てしまいます。

また虫歯菌がすでにお口の中に棲みついていることで、後から生えてくる永久歯の虫歯リスクも非常に心配です。永久歯がひどい虫歯になって、大人と同じように詰め物や被せ物を装着しなければいけなくなってしまうかもしれません。

お子さんの大切な歯のためにも、砂糖がたくさん使われている飲み物の与え方には十分注意して下さい。

 

当院の小児歯科についてはこちら