はぴねす歯科

お知らせ

レジンの特徴について

小さな虫歯や欠けた歯を修復するためのレジンは保険適用ということもあり、多くの歯科医院でレジンは使われています。ではレジンとはいったいどんな特徴があるのでしょうか。セラミックと比較しながら、今回はレジンについてお話をしたいと思います。

歯科用レジンとは

歯科治療で使われるレジンとは、白い樹脂(プラスチック)のことです。小さな虫歯や欠けた部分、歯と歯の隙間を埋める、そして銀色の詰め物を保険内で白いものに変えるときなど幅広く使われます。

レジンは柔らかく、修復したい部分にレジンを詰めて光を照射して固めることで歯にしっかりと密着します。

レジンは色々なメーカーから作られており、素材の成分などに違いがありますが、使い方はほぼどれも同じです。メーカーにより強度が強いもの、審美性を追求したものなど様々なものがあります。

レジンを使った治療や修復物について

・虫歯治療

レジンを使った治療で最も多いのは、虫歯治療です。小さな虫歯の場合、虫歯部分を削ってレジンを詰め、光を当てて硬化させます。その後噛み合わせなどを確認し、自然な仕上がりになるよう研磨をして治療を終えます。

・硬質レジン前装冠

保険診療内で治療できる被せ物で、外側がレジン、内側が金属で作られています。適用部位は犬歯までの前歯です。見た目は白く、治療直後は一見すると人工歯とは思えません。

・欠けた前歯などの修復

スポーツや遊んでいる最中などに前歯をぶつけて前歯が少し欠けてしまうことはよくあります。このような場合にも、レジンで修復します。

・ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは審美性を追及した治療法で、自費治療で行われることが多いです。歯の隙間が気になる方、歯が小さい方、歯が少しねじれている場合などに使われます。見た目が重視されるこの治療法は、歯科医師の技術で差が出ると言われています。

レジンのデメリットとは

レジンは保険診療で歯を白く修復できるため、ほとんどの場合一日で治療を終えることができます。また安い費用で治療できることもメリットと言えます。

ではレジンのデメリットはどんなことでしょうか。

・傷がつきやすく、劣化すると変色が目立つ

・強度に不安があるため、噛み合わせの力が強い奥歯では使用できない

・磨耗しやすく、欠けやすい

・金属の詰め物をレジンに変えた場合、二次カリエスになりやすい

 

レジンで最も大きなデメリットは、経年による変色です。プラスチックは傷が付きやすく、そこへ日常の飲食による着色が入り込むことでだんだん黄ばんできます。また細菌も入りやすく、プラークとなって虫歯や歯周病などを引き起こしやすくなります。

また何度も欠けてしまう場合、レジンによる修復では限界があるかもしれません。何度も再治療となってしまう場合、レジン以外での治療法も考慮に入れなくてはならないでしょう。

セラミックについて

オールセラミックなどセラミックを使った治療なら、同じ白い修復物でも白さの持続性や耐久性に大きな違いが出てきます。セラミックは白くなめらかで変色しにくく、耐久性に優れています。自費治療のためレジンと比べると費用が高くなりますが、変色や劣化のたびに再治療を繰り返していると、結局治療費がかさんでしまいます。このようなことから長い目で見て、保険適用のレジンとセラミック治療の費用が変わらないケースも出てきます。

どちらの治療法が適しているのか、それぞれのメリットとデメリットを比較しながら治療法を選択するとよいでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら