はぴねす歯科

お知らせ

不正咬合を改善して、コンプレックスを解消しませんか

歯列矯正の目的は、ガタガタの歯並びを治すことだけではありません。不正咬合を改善し、正しい噛み合わせへ導くことが最大の目的です。今回は不正咬合の種類を中心にお話をいたします。

噛み合わせが悪いとどんな影響が起こるのか

上下の噛み合わせが合っていないと下顎にズレが生じ、顎関節症を引き起こしやすくなってしまいます。また上下の歯列や顎を繋いでいる左右の筋肉のバランスが悪くなり、その付け根周辺が疲れやすくなってしまいます。そのため頭痛、肩凝り、目の疲れなどの症状が出てしまいます。

またスポーツをするときに一瞬の力を引き出すことができないなど、噛み合わせが悪いと生活面において色々な影響が出てしまいます。

 

不正咬合の種類について

では不正咬合にはどのようなものがあるのでしょうか。

・上顎前突・・・いわゆる「出っ歯」と呼ばれている不正咬合で、前歯が前方へ出ている。

・下顎前突・・・一般的に「受け口」と言われているもの。下の前歯が上の前歯よりも出ており、顎が前方へ突き出ている。

・開咬・・・別名「オープンバイト」と言われる不正咬合で、奥歯で噛んだ時に上下の前歯の間に隙間が生じる噛み合わせ。前歯で食べ物を噛み切ることができない。奥歯に負担がかかる。

・叢生・・・「乱食い歯」「ガタガタの歯」と言われる歯並びの乱れ。顎の小ささが原因で、永久歯が並ぶスペース不足んいより起こる。

・過蓋咬合・・・歯並び自体は揃っているが、笑ったときに上の前歯が下の前歯をすっぽりと覆っている不正咬合。顎の動きが制約されて顎関節症になりやすいほか、歯周病などのリスクも懸念される不正咬合。

 

状態に応じた歯列矯正を行いましょう

ご紹介した不正咬合をそのままにしておくと、のちに重篤な影響が出てしまうことがあります。噛み合わせの異常が見つかった場合、早めの治療を行うようにしましょう。噛み合わせを改善する矯正治療は主に次のとおりです。

・ブラケット矯正・・・最もオーソドックスな治療法。装置が目立つのが難点。

・裏側矯正・・・ブラケットを歯の裏側に取り付けて歯並びを整える。目立たないが、歯磨きがしにくい、費用が高いといったデメリットがある。

・マウスピース矯正・・・取り外し式のマウスピース型矯正装置。目立たず歯並びや不正咬合を改善することができるが、症例によってはマウスピース矯正では難しい場合がある。

・インプラント矯正・・・歯ぐきに矯正治療用のインプラントを取り付け、歯を引っ張って動かす治療法。一気に歯を動かすことができるため効果が現れやすい。

 

不正咬合と診断されたら早めに歯科医院で相談を

不正咬合はそのままにしておいて治ることはまずありません。できればまだ小さいうちから矯正治療を始めることで、お子さんへの治療が少なく済むことがほとんどです。噛み合わせがおかしいかも、学校から検診の紙をもらってきたなどがあれば、できるだけ早めに歯科医院へ相談しましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら