はぴねす歯科

お知らせ

目立つ前歯、ホワイトニング+セラミックでキレイに

前歯は、良くも悪くもとても目立つ部位です。真っ白で美しい歯か、黄ばんでくすんだ歯か、それだけで相手に与える印象はまるで違ってきます。「歯をキレイにして自信を持ちたい!」「汚くなった被せ物を変えるついでに歯をキレイにしたい」。このようにお考えの方は、ホワイトニング+セラミック治療がおすすめです。

 

年々黄ばんでくるレジンや保険の被せ物

小さな虫歯の場合、レジンという歯科用プラスチックを詰めて修復します。前歯の場合、歯と歯の隙間に虫歯ができることが多く、その場合の治療法として虫歯部分を削り、レジンを詰めて修復します。

また神経の治療を行った場合は、根の治療後に土台を立て、型取りをして被せ物を装着して歯の形を修復します。

どちらも保険適用で、費用を抑えて治療をすることができます。

しかし保険治療の欠点は、審美性に劣ることです。保険適用の前歯の被せ物は見える表側はレジンでできており、白く審美性も悪くありません。ところが年数を重ねるとともにレジンの表面に傷が付き、着色や汚れ、細菌などが付着して黄ばんできます。

またレジンで修復した箇所も欠けてしまったり、色が変色して歯と詰めた部分の境目が目立ってしまうなど、劣化が起こってしまいます。

このような審美性の問題点を改善するのが、セラミック治療です。セラミックは白く滑らかで汚れがつきにくいため、年数が経っても変色することはありません。耐久性にも優れており、目立つ前歯の修復には最適です。

 

歯全体を白くするなら、先にホワイトニングを行ってからセラミックを

白く美しい歯といえば、ホワイトニングです。ホワイトニングを行うことで全体の歯のトーンが上がり、笑顔を引き立ててくれる口元を作り上げることが出来ます。もし口元全体を美しくしたいなら、先にホワイトニングを行ってからセラミック治療を行うほうがベターです。

というのも、先にセラミック治療を行うと、ホワイトニングをした歯とセラミックの人工歯の色の仕上がりに差がついてしまうことがあるためです。セラミックの人工歯よりもホワイトニングをした歯のほうが白い場合、セラミックの部分だけが周りの歯の色と馴染まず不自然に見えてしまっては、なんだかちぐはぐな印象を与えてしまうかもしれません。人工歯はホワイトニングをしても白くならないのです。

先にホワイトニングを行い、白くなった歯の色に合わせてセラミッククラウンの型取りを行って装着することで、ほぼ均一の美しい口元を手に入れることができます。

口元、特に目立つ前歯をきれいにすることで、自然と笑顔が浮かびます。生き生きとした毎日のためにも、お口の中を整えてみませんか?

 

当院のホワイトニングについてはこちら