はぴねす歯科

お知らせ

自分に合った矯正方法で、歯をきれいに整えませんか?

歯並びの乱れや噛み合わせの異常を改善するための歯列矯正にはワイヤー矯正、マウスピース矯正、部分矯正など色々な種類があります。適応症例に対応できるものかどうかの他、ライフスタイルや目的に応じた治療法を選んで、歯並びをキレイに整えてみませんか?

歯列矯正の種類について

歯列矯正は、治療法によって適応できるものと難しいものがあります。中には希望する治療法では難しいケースもありますが、歯列矯正や不正咬合の改善には、どのような矯正方法があるのでしょうか。

・ワイヤー矯正・・・最もオーソドックスな矯正方法です。歯の表面にブラケットと呼ばれる小さなボタンを付け、そこへワイヤーを通して歯を少しずつ動かしながら歯並びを整えます。ほとんどの症例に対応できますが、小臼歯や親知らずなどを抜歯が必要となる可能性があります。また金属のブラケットの場合、お口の中で矯正装置が目立ってしまいます。目立たないホワイトワイヤー、セラミックブラケットで対応できますが、メタルブラケットと比べると料金が高くなります。

 

・マウスピース矯正

透明なマウスピースを装着することで歯並びを調えていく治療法です。取り外し式で目立たないため、目立たず矯正治療を進めていくことができます。食事や歯磨きのときには取り外しができること、またホワイトニングも同時に進めていけることから、審美性を求める方に向く治療法です。デメリットは、治療期間がワイヤー矯正と比べるとやや長いこと、全ての症例に適応可能とは限らないことです。歯科医師の技量と予見が、マウスピース矯正による矯正治療の成功のカギとも言えます。

 

・裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を付けて歯並びを整える方法です。歯の裏側に矯正装置を付けるため、目立つことはありません。ほとんどの症例に対応が可能で、特に出っ歯に対して高い効果を発揮します。裏側矯正のデメリットは、料金が高いこと、装置が舌に当たって口内炎などができやすいこと、そして発音がし辛いことなどが挙げられます。

 

・部分矯正

前歯の乱れなど、気になる部分だけ整える部分矯正は、短期間で気になる歯並びを改善することができます。費用も全顎に比べて安く済みます。しかし噛み合わせに問題がある、部分矯正をすることで正常だった噛み合わせに変化が起こる場合などは、部分矯正はおすすめできません。

この他にも矯正用インプラント器具をつけて歯を引っ張るインプラント矯正などがあり、矯正方法は様々です。

 

歯の健康を守るためにも、ご自身に合った矯正方法を選びましょう

歯列矯正にはいろいろな方法があります。歯並びや噛み合わせの乱れは見た目だけの問題ではなく、歯の健康にも大きく関わってきます。見た目のコンプレックスを解消し、健康を維持するためにも歯並びの乱れでお困りの方は、早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

 

当院の矯正治療についてはこちら