はぴねす歯科

お知らせ

割れやすい詰め物について

臼歯部の虫歯は、削る範囲が浅い場合はレジンを詰めて修復します。いっぽう神経に近い虫歯は、ある程度歯を削る必要があります。その場合、インレーと呼ばれる詰め物を詰めて機能を回復させますが、中には割れやすいインレーがあります。今回は割れやすいインレーを中心にお話をいたします。

 

保険適用のインレーは銀歯とレジン

 

一般的に歯の詰め物といえば、銀色の金属が思い浮かぶでしょう。保険適用のインレーは、ほとんどが金属のインレーです。虫歯部分を削って型取りを行い、できあがった詰め物を歯に詰めて機能を回復させます。

金属インレーは審美性が問題ですが、強度自体は強く、割れる心配はほとんどありません。

そして保険適用のインレーにはもう一種類あります。それはコンポジットレジンを使ったインレーです。歯科用レジンは白く、小さな虫歯治療でよく使われる素材です。審美性もそれほど悪くなく、一見すると治療痕はほとんどわかりません。

このコンポジットレジンを使ったインレーが、CRインレーと呼ばれるものです。金属インレーと比べるとそれほど頻度は高くありませんが、主に小臼歯に使われます。

金属インレーと比べると、歯の色に適合しているCRインレーは審美性に問題はありません。しかし問題となるのが、強度です。レジンは強度がやや弱く、衝撃や強い負荷が加わると、割れる恐れがあります。大臼歯は噛む力を必要とする部位のため、CRインレーは適用されません。そのためCRインレーが適用されるのは、小臼歯です。しかし小臼歯もある程度負荷がかかるため、噛み合わせの力が強い方には不向きです。噛み合わせが強く、保険で治療をしたい方は、金属インレーとなる可能性が高いでしょう。

 

審美性、強度を考えるならe-maxが最適

 

自費のインレーはセラミックが使用されており、審美性と強度を兼ね備えているものが多くあります。その中でも特に優れているのが、e-maxです。オールセラミックインレーは審美性はとても優れていますが、強度に若干の不安があります。逆にジルコニアインレーは強度は抜群ですが、色調がやや単調なため小臼歯に使うと審美性が少し下がってしまいます。

e-maxは審美性、強度ともに優れた素材です。強度はジルコニアにやや劣るものの、小臼歯でも十分対応できます。e-maxは天然歯に近い強度と歯に優しい素材であることから、安心して使うことができます。金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にもおすすめです。なおe-maxは被せ物にも対応しますが、ブリッジや連続した被せ物(連冠)には対応できませんのでご注意ください。

 

詰め物の色が気になる方、白いインレーが割れて金属のほうが良いと言われた方は、いちど歯科医院で相談してみて下さい。

 

当院のセラミック治療についてはこちら