はぴねす歯科

お知らせ

治療した前歯がすぐ欠ける!どうすればいい?

小さな虫歯やアクシデントなどで前歯を治療するケースは非常に多く、そのほとんどが保険治療であるレジンが使われます。しかし治療済みの前歯は欠けやすく、何度も再治療が必要となります。いったいどうすればよいのでしょうか。

 

レジンは対応しやすい素材ですが、欠けやすさが欠点

前歯の治療では、歯科用レジンを使って治療することが一般的です。歯と歯の隙間の虫歯や、先端が欠けてしまった場合など、歯とほとんど同じ色のレジンで修復できるうえ、保険適用のため費用を抑えて治療することができます。

このようにレジンは対応しやすい素材ですが、欠点として強度が弱く、欠けやすい、取れやすいということが挙げられます。前歯を使って噛み切ったときなど、治療済みのレジンがポロっと取れてしまうこともめずらしくありません。また経年とともに変色し、歯とレジンとの間に色の差が出てしまうこともデメリットといえます。

目立つ部位だけに、欠けたり取れたりすると、再治療が必要になりますが、何度も取れてしまうと、そのたび歯科医院へ駆け込まなくてはならないことに対してだんだん面倒になってくる方もいるようです。

 

何度も取れるようであれば、セラミック治療の選択肢も視野に入れてみましょう

ひとつの選択肢として、レジンでの再治療ではなく、思い切ってセラミックの被せ物を装着するという方法があります。しっかりとセメントで接着するため、取れることはまずありません。強度にも優れているため、先端が欠けることもありません。耐久性にも優れているため汚れにくく、ご自身の他の歯の色と差が出ず、きれいな状態を保つことができます。

またラミネートベニアによる修復もおすすめです。ラミネートベニアとは、薄いシェルのようなものを歯に貼り付ける治療法です。こちらも素材はセラミックで、見た目と機能を兼ねています。

欠点としては、セラミックの被せ物もラミネートベニアも、健康な歯を削らなくてはいけないことです。プラークが付きにくいため、二次カリエスになるリスクは高くありませんが、歯を削ることで、歯の寿命に少し影響が出てしまうことが考えられます。

またどちらも自費治療となるため、保険適用のレジンに比べて治療費が高くなります。しかし何度も再治療を繰り返すことを考えると、思い切ってセラミックにしたほうが、治療費を抑えられる場合があります。

前歯は非常に目立つ場所です。きれいに修復をして長持ちさせるなら、セラミック治療を選択肢として考えてみるのもひとつの方法です。

 

当院のセラミック治療についてはこちら