はぴねす歯科

お知らせ

歯列矯正では絶対に歯を抜かなければいけないの?

成人後に歯並びの悪さに悩む方も少なくありません。ガタガタの歯並びを治すための歯列矯正では、歯を抜歯するケースがよくあります。歯を抜くのは怖い、イヤ、と思うかもしれません。歯列矯正では必ず抜歯が必要なのでしょうか。

 

なぜ抜歯をするのか

歯並びの乱れは、永久歯が正しい位置に並ばず、重なり合って生えていたり、おかしなところから歯が生えていたりと、本来生え揃っている位置ではないところに歯が並んでいます。その原因は、永久歯が並ぶためのスペースが不足していることです。

乳歯や永久歯が生え始めたころに歯列矯正を始める場合、顎の骨の成長を促して永久歯が並ぶためのスペースをつくる「床矯正」を行います。床矯正は歯を抜かずにスペースを作り、ほとんどの場合、永久歯がきれいに並びます。

しかし床矯正を行わず、永久歯が生え揃ってから歯列矯正を始める場合、その多くは4番目か5番目の歯、つまり小臼歯を抜歯してスペースを作ることから始めることが多いようです。また親知らずを抜歯することもあります。抜歯するかどうかは、歯の重なり具合や顎の大きさなどから判断します。

抜歯をすることのメリット

では抜歯をすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。まずは抜歯をすると、当然ながら歯が並ぶスペースを作ることができます。歯が並ぶスペースができたことで歯をスムーズに動かして、歯列を整えることができることが抜歯の目的でありメリットでもあります。

また非抜歯で無理に歯を並べようとすると、口元がモコっと盛り上がってしまう場合があります。抜歯にはこのような審美面のデメリットを軽減することが可能です。

抜歯のデメリット

抜歯のデメリットは、やはり健康な歯を抜くことにあります。せっかく健康な歯を抜いてしまうことは、デメリットというよりも「勿体ない」というほうが大きいかもしれません。

また歯を抜くことで顎の骨が痩せてしまうことも、デメリットのひとつです。たくさん抜歯をして歯列矯正を進めた人の中には、歯列矯正後に歯が歯周病のように、動揺(歯が動くこと)が見られるケースもありました。

 

抜歯か非抜歯かは、歯並びの状態で判断される

できることなら歯は抜きたくない、と思うのは当然の思いです。しかし無理に非抜歯で歯列矯正を進めると、思ったような口元に仕上がらないこともあります。抜歯か非抜歯か、また治療法はどうすれば最も理想的に仕上がるかなど、担当医とよく相談して理想の口元を手に入れましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら