はぴねす歯科

お知らせ

虫歯ゼロを目指して!小児予防治療の必要性について

乳歯は永久歯が生えることで短い役目を終えます。どうせ抜けるから、と乳歯のケアを怠っていると、後から生える永久歯にも悪影響が出てしまうことがあるため、乳歯を虫歯から守ることが大切です。

 

酸に非常に弱い乳歯

乳歯は生後6ヶ月くらいから生え始め、3歳くらいに全て生え揃います。小さくて可愛らしい乳歯は成人の永久歯と比べるとエナメル質が薄く未熟なため、酸にとても弱いのです。そのため虫歯になって歯が酸で溶かされ始めると、あっという間に進行してしまいます。

離乳食が終わり、大人と同じものを食べ始めると、これまでに与えられなかった甘いお菓子やジュースなども口にするようになるでしょう。また歯磨きのイヤイヤ期になると、なかなか歯を磨かせてくれず、仕上げ磨きに苦労する保護者の方も多いと思います。そのため乳歯は虫歯になりやすいのです。

 

乳歯がひどい虫歯になるとどのような影響が出るの?

乳歯はいずれ大人の歯、つまり永久歯へと生え変わるため、虫歯になってもさほど影響はない、と思われるかもしれません。しかし乳歯の時期に虫歯になってしまったということは、既にお口の中にミュータンス菌などの虫歯菌が棲みついてしまっていることを意味します。虫歯菌は、いちどお口の中に入ると取り除くことができません。

つまり、乳歯の時期に虫歯になってしまうと、永久歯に生え変わったあとに虫歯リスクを抱えることになるのです。

また乳歯は永久歯が生えることで自然と抜け落ちますが、永久歯がまだ生えてこないうちにひどい虫歯などで乳歯を失ってしまうと、永久歯の歯並びに影響がでてしまいます。抜け落ちた隣の乳歯が傾斜し、永久歯の生えるスペースを狭くしてしまうため、永久歯が生えてきたときにガタガタの歯並びになってしまう恐れがあるのです。

いずれ抜けるから、とお子さんの口腔内ケアを疎かにしていると、大人になってからのお口の健康維持に問題を抱えてしまうことになりかねません。

 

小児予防治療である定期健診を受けて、虫歯からお子さんの歯を守ってあげましょう

大切なお子さんのお口の健康を守るためには、大人と同じように小児予防治療、つまり定期健診の受診が最も効果的です。きちんと家庭でケアを行い、定期健診を受けることで、虫歯ゼロは十分可能です。永久歯が生え揃うまでの間に虫歯ゼロを目指すことを目標にしてみましょう。

また定期健診を受けることで、歯並びや噛み合わせに問題がないかどうかも調べることができます。もし歯並びや噛み合わせに異常が見つかった場合、早期に矯正治療を行うことでお子さんへの負担も少なく済む場合があります。

小児予防治療で、お子さんのお口の中の健康を維持してあげましょう。

 

当院の小児歯科についてはこちら