はぴねす歯科

お知らせ

保険診療と自費治療の違いについて

虫歯治療などで歯を削った場合、詰め物や被せ物を装着して修復します。この修復物には保険適用のものとそうでないものがあり、オールセラミックやe-maxといったセラミック系の修復物や歯列矯正などは、保険を使うことができません。これはなぜでしょうか。

最低限の修復を目的とする保険診療

風邪などで病院を受診する際、わたしたちは健康保険を窓口に提示します。これにより、窓口で支払う治療費を安く抑えることができます。もし保険証を紛失した、あるいは切り替え中という場合は、とりあえず全額自己負担(10割)を支払い、後日保険証を提示して差額を受け取る、という形になります。

このように、保険診療は治療費を安く抑えて、病気や怪我を治すことを目的としています。では歯科はどうでしょうか。

保険診療の場合、歯を削った箇所を白いレジンや金属の詰め物を詰めて修復します。また神経を取り除いた治療では、土台を立てて被せ物を装着しますが、大臼歯は銀歯、前歯は表側は白いレジン、裏側は金属が使われたものを装着します。表側は白いといえども、レジンは汚れが付きやすく変色してしまいます。

また歯を失ってしまったら、入れ歯やブリッジで咀嚼機能を補います。入れ歯は金属のバネがついたもの、ブリッジは金属が使われます。

保険診療は治療費を安く抑えて、機能を回復させることを目的としており、審美面は考慮されません。つまり保険診療は見た目を良くすることを目的としておらず、最低限の機能を回復させるための治療法なのです。

 

機能だけでなく美しさを追及した治療は、保険が効きません

では保険適用外の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

・オールセラミックやe-maxラミネートベニアなど、セラミックを使った治療

・ダイレクトボンディング

・歯ぐきピーリングなど、歯ぐきを美しく整える治療

・ホワイトニング

・歯列矯正

・インプラント

これらはただ機能を取り戻すことだけを目的としていません。機能だけでなく、より口元を美しく整えることを目的としています。保険診療と比較すると、当然費用は高くなります。

美しさを追求した治療は、生き生きとした活力のある毎日へと繋がります

鏡の前でにっこりと笑ってみて下さい。前歯の差し歯が黄色く黄ばんでいませんか?奥歯の銀歯が気になって、大きな口を開けることができますか?人前で会話をするとき、思わず手で口元を隠していませんか?

口元が美しいと、笑顔に自信を持つことができるだけでなく、精神的にも大きなゆとりを持つことができます。笑顔に自信を持つことで、生き生きとした日々を送ることができるのではないでしょうか。保険診療は最低限の治療を行うため、このような審美的な悩みを抱えることになってしまいます。

もしご自身の歯や口元を美しくしたい、とお思いなら、いちど歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

 

当院のセラミック治療についてはこちら