はぴねす歯科

月別: 2019年6月

矯正治療中のホワイトニングについて

口元のコンプレックスというと、歯並びの乱れや出っ歯など歯並びに関することと、歯が黄色いなど、歯の色に関することが考えられます。ではこのお悩みを同時に解決することはできるのでしょうか。

 

矯正の種類によって、矯正中のホワイトニングが可能かどうかが決まる

歯列矯正には色々な種類があります。歯の表面にブラケットとワイヤーを付けて歯を動かす、最もオーソドックスなワイヤー矯正、歯の裏側に装置を付けて歯並びを整える裏側矯正、取り外し式のマウスピース矯正などがよく行われています。

もし矯正治療が表側にブラケットとワイヤーを付けて歯を動かすワイヤー矯正に決まった場合、矯正治療を行う前にホワイトニングをすることは可能です。この場合、マウスピースを使ったホームホワイトニングではなくオフィスホワイトニングのほうが適しているでしょう。というのも、せっかくホームホワイトニング用にマウスピースを作っても、矯正治療によって歯が動いていくため、マウスピースがはまらなくなるからです。ワイヤー矯正が始まったら、矯正装置を取り外すまでオフィスホワイトニングは行えません。

いっぽう、裏側矯正は矯正治療中であってもオフィスホワイトニングは可能です。しかし歯が動く力が強い場合、歯の神経が敏感になり痛みを感じることがあるため、オフィスホワイトニングの薬剤がしみる場合があります。

 

ホワイトニングと同時進行なら、マウスピース矯正がおすすめ

透明なマウスピースを装着して歯を動かすマウスピース矯正の場合、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングどちらも可能です。マウスピース矯正は比較的弱い力で歯が動いていくことから刺激もそれほど強くなく、歯を動かしながら白くしていくことが可能です。

ただしマウスピース矯正の種類によって、ホームホワイトニングができないケースもあるため、ご自身が行う予定のマウスピース矯正のマウスピースを使ってホームホワイトニングが可能かどうかを確認していただいたほうが無難かもしれません。なおインビザラインのアライナー(マウスピース)は、同時にホワイトニングを行うことが可能です。

 

ワイヤー矯正終了後のホワイトニングの注意点

裏側矯正およびインビザラインなどのマウスピース矯正は、同時にホワイトニングが可能であることをお話しました。ワイヤー矯正の場合、矯正治療が終了して装置を全て取り外した後ならホワイトニングを行うことができるようになりますが、いくつか注意点があります。それは、矯正装置を外した直後は神経が過敏になっているため、ホワイトニングの薬剤がしみやすくなっていること、そして歯にブラケットを付けていたときの接着剤が残っていると、その部分だけ白くならない場合があることです。特に矯正治療を行った歯科医院とホワイトニングを行う歯科医院が違う場合、ブラケットを付けていたことを伝えるようにして下さい。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

お子さんの歯並びの乱れは、乳歯の時期から改善が可能です

乳歯の生え方から、永久歯に生え変わったときの歯並びの乱れが予測できる場合があります。乳歯は永久歯よりも小さいため、乳歯の歯列が隙間なくきっちりと生え揃っている場合、永久歯の並ぶスペースが足らなくなってしまうのです。乳歯がこのような生え方の場合、早めに歯列矯正を開始することで色々なメリットを得ることができるのをご存知でしょうか。

 

乳歯の歯列に隙間がない場合や顎が小さい場合、永久歯の歯列の乱れがよそくできます

小さな可愛い歯がきれいに並んでいるのを見ると、「このまま大きくなればいいのにな」と思われることでしょう。しかしいざ永久歯が顔を出し始めると、抜けた乳歯のスペースに並ぶ余地はなく、おかしな位置に並びはじめ、乳歯が全部抜けきったときには永久歯の歯列がガタガタであることは決してめずらしくありません。

逆に、隙間だらけの乳歯の歯列では、永久歯が並ぶスペースが確保されやすく、永久歯が正しい位置に並ぶケースが多く見受けられます。

また顎の大きさと永久歯の大きさにも関係があります。顎が小さく永久歯が大きい場合も、永久歯がガタガタに生え揃ってしまうことが予測できます。

 

お子さんにも経済面でも負担が少ない、乳歯の歯列矯正

歯列矯正を行っているお子さんは多く、学校でも何人か矯正装置を付けているお子さんを見かけることがあると思います。或いは「わが子は以前矯正をしていたのよ」という会話を耳に

することもあるでしょう。このように、お子さんの将来を考えて歯列矯正を行うことは今ではごく当たり前になっています。

しかし「矯正=抜歯」というイメージも強く、費用もかかることから色々な面で負担がかかるのも事実です。

そこで選択肢として考えていただけるのが、乳歯の時期に始める「床矯正」です。床矯正による歯列矯正を始めることで、乳歯の時期に行う歯列矯正は顎の成長を促して永久歯を正しい位置に導くことを目的としており、抜歯も行うこともないため、このようなデメリットを軽減することが可能となります。

床矯正による治療時期を「第一期治療」と言い、いわば「土台を整える」治療と言えます。

永久歯が正しい位置に並んだあとに、ブラケットやマウスピースなどで引き続き歯並びを整える治療を「第二期治療」と言います。第二期治療から歯列矯正を始めると、抜歯が必要になったり治療期間が長くなったりすることが考えられますが、第一期治療で土台をきちんと整えておくことで第二期治療がスムーズに進んでいったり、治療期間が短く済むなど経済面にもメリットがあります。

 

お子さんの歯並びに不安がある場合、早めに歯科医院で相談しましょう

可愛いお子さんの将来の歯並びはどうなるでしょうか。何も問題がなくキレイに永久歯に生え揃うお子さんもいれば、乳歯の時期はとてもキレイだったのに、永久歯になってガタガタになってしまったお子さんもいらっしゃいます。

お子さんの歯並びを治してあげたい場合や、乳歯の歯列から将来に不安がある場合、できるだけ早めに歯科医院で相談してみましょう。

 

当院の小児歯科、小児矯正についてはこちら

出っ歯になる原因とは

不正咬合の中でかなりの割合を占める「出っ歯」。横から見ると歯が前方へ出ており、口元全体が突出して見えてしまうため、横顔にコンプレックスを感じてしまうことと思います。では出っ歯の原因とはどういったものなのでしょうか。

 

先天性な原因と後天性な原因について

出っ歯は、前歯が大きく前方へ突出した不正咬合です。一見すると歯並びがきれいに整っていても、横から見ると前歯が大きく前方へ突出している場合、出っ歯と診断されます。また奥歯の噛み合わせもずれていることが多いことも特徴のひとつです。ではなぜ出っ歯になってしまうのか、その大きな要因は遺伝による先天性のものと、日常の癖による後天性のものに分けられます。

・先天性によるもの

顎の骨の大きさのバランスが取れていないなど骨格によるものは、遺伝的な要素が強い先天性の出っ歯です。上顎が大きく、前歯全体が上顎ごと前方へ出てしまっているタイプと、下顎が小さく奥のほうへ位置しているため、前歯が前方へ出ているタイプに分けられます。このタイプは骨格に原因が由来しており、専門的な言い方で「骨格性上顎前突」と呼ばれるものです。

出っ歯は遺伝的な要素が強く、父母、祖父母など家族に出っ歯の方がいると、出っ歯になってしまう可能性があります。

 

・後天的な理由によるもの

いっぽう、骨格ではなく歯の生え方に問題があることで起こる出っ歯は、後天的な要因によるものと考えられます。その代表例が、小さいころの指しゃぶりが長く続いてしまったことです。歯は力が加わると動きます。加わった力が前歯を前方へ押しやるようなものである場合、歯が前へ押しやられて少しずつ出っ歯になっていきます。その他にも爪を噛む、舌で前歯を押すなど、日常の悪癖が長期にわたって行われることで、歯がだんだん前へ出てしまいます。これを「歯性上顎前突」と言います。

 

出っ歯と診断されたら、原因に応じた治療を行いましょう

出っ歯は歯列矯正を行うことで改善できる可能性が高くなります。特に歯性上顎前突の場合、歯列矯正で歯を動かし、前歯を適切な位置へ導くことで噛み合わせも改善することができるでしょう。

しかし骨格性上顎前突の場合、必ずしも歯列矯正で100%改善できるとは限りません。抜歯をして歯を後方へ下げるスペースを確保する必要が出てくるかもしれません。また歯列矯正でよい結果が出なかった場合、外科処置が必要になることも考えられます。

出っ歯でお悩みの方は非常に多いと思います。ご自分の症状に応じた歯列矯正を行うことが大切です。どんな治療法になるのか、歯科医師とよく相談してください。

 

当院の矯正治療についてはこちら

 

ホワイトニング後の歯は、どんな状態なのでしょうか

歯を真っ白に仕上げてくれるホワイトニング。施術後の白さをできるだけ持続させるためのポイントのひとつに、ホワイトニング直後の飲食が挙げられます。施術後の約30分は、非常に着色しやすい状態となっています。それはなぜでしょうか。

ホワイトニング直後の歯はどんな状態?

歯の表面は、固いエナメル質でできていますが、エナメル質の表面は「ペクリル」という薄いタンパク質の保護膜で覆われています。ホワイトニングは、歯の表面にホワイトニング薬剤を塗布し、オフィスホワイトニングは光を照射、ホームホワイトニングはマウスピースで一定時間歯を覆います。その結果、歯が白くなりますが、ホワイトニング直後の歯の表面は、ペクリル膜が一時的にはがれた状態となっています。

ペクリル膜はホワイトニングによって一時的に剥がれても、およそ12時間から24時間の間に再生すると言われていますが、ペクリル膜が剥がれた状態で色素の濃いものを食べたり飲んだりすると、非常に着色しやすくなります。また再生する際に色素を取り込んでしまうため、せっかく真っ白になった歯が着色で汚れてしまいます。

そのため、ペクリル膜が再生されるまでの12時間から24時間は、できるだけ着色しやすい飲食物を控えるようにしましょう。特に、施術後30分から1時間は、注意が必要です。

 

着色しやすい飲食物

毎日の飲食でどうしても歯は汚れが付き、施術後は真っ白だった歯も、だんだんくすみが出てきます。少しでも着色を防ぐために、どのような飲食物が着色しやすいかを知っておきましょう。

・コーヒー、紅茶、赤ワイン、ウーロン茶、ブルーベリー、チョコレート、ココアなど

・カレー、ミートソース、デミグラスソース、醤油など色素が濃いもの

その他、喫煙者はタバコのヤニも歯の汚れの大きな原因です。ペクリル膜に色素が蓄積されて着色汚れとなります。特にタバコの中にあるタールはペクリルと結合しやすい性質で、通常の歯磨きではなかなか落とせません。着色しやすく落ちにくいため、非常に汚れが目立ってしまいます。

 

ホワイトニング後のケアに注意しましょう

ホワイトニング後の歯は、ペクリル膜が一時的に剥がれており、非常に色素を取り込みやすい状態になっています。ホワイトニングで歯が真っ白になって、さぁ一服、と、クリニックを出たあとにコーヒーとタバコを堪能してしまうと、ペクリルがない状態の歯に色素をダイレクトに取り込んでしまいます。これではせっかくホワイトニングを行ったのに台無しになってしまいます。

ホワイトニング直後は着色しやすい飲食物を控えるようにすることで、着色を遅らせることが可能となります。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

 

 

歯が欠けるのには原因があります

固いおせんべいを食べていて前歯が欠けた、以前治療した奥歯が、食事中に欠けてしまった・・・こんな経験はありませんか?この「歯が欠ける」のは、ただ単に固いものを食べたからとは限りません。健康な歯は、相当な衝撃を受けない限り、そう簡単に欠けることはありません。ではなぜ歯が欠けてしまうのでしょうか。

 

歯が欠ける原因のほとんどは、虫歯

歯が欠ける主な原因は、虫歯によるものと、事故やアクシデントなどで歯を強くぶつけた外傷によるものがほとんどです。強くぶつけた場合を除き、虫歯になって歯が欠けるケースは日常的にも多く、歯が欠けてはじめて虫歯になっていたことに気づくケースが大半です。

虫歯は神経近くまで達すると痛みを感じるようになりますが、進行の浅い虫歯の場合、痛みをまだそれほど感じないため、内部で虫歯が広がっていても気づきにくいものです。歯が欠けてしまうのは、一見すると虫歯になっていないように見えても、虫歯によって歯の内部まで溶けて空洞のようになっているからです。

また詰め物が取れた場合も、詰め物の下で虫歯が広がる二次カリエスが原因です。詰め物の間から唾液ととともに虫歯菌が侵入すると、内部で虫歯が広がってしまうため、詰め物が合わなくなって浮き上がってしまいます。その結果、食事中に詰め物が取れてしまうのです。

特に保険適用の銀歯の場合、素材が劣化しやすく、詰め物と歯の間に段差が生じて虫歯菌が入り込みやすくなってしまうため、二次カリエスが起こってしまうのです。

 

歯が欠けたらできるだけ早く受診を

それほど痛みを感じなくても、歯が欠けてしまったらできるだけ早く歯科医院を受診するようにして下さい。前歯の場合、とても目立ってしまうためすぐに受診する方がほとんどですが、奥歯が欠けたケースでは、痛くないからとしばらくそのまま放置してしまう人もいるのではないでしょうか。

欠けた歯をそのままにしておくと、虫歯菌が入り込みやすくなって虫歯が悪化する恐れがあります。痛くなくても、できるだけ早く受診することが望ましいでしょう。

 

審美性に優れた素材を使うことで二次カリエスが防げる

欠けた部分は、保険適用のレジンで対応が可能ですが、年数が経つと変色し、劣化するため治療済みの箇所が取れてしまいます。何度も再治療を繰り返すことで歯はたくさん削られ、歯の寿命が短くなってしまいます。

セラミックを遣った治療なら審美的に優れているだけでなく、二次カリエスを防ぐことが可能です。再治療を繰り返さないためにも、耐久性に優れた素材を使った治療が理想と言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

白い歯でも、自然さが大切

 

セラミック治療では白い歯を手に入れることができることから、注目を集めています。しかし、物事にはバランスというものが必要です。芸能人やモデルのような白い歯を求めすぎてしまうと、かえってバランスが悪くなってしまうことがあります。

 

芸能人のような白い歯

テレビや雑誌で見かける芸能人やモデルのほとんどは、白くきれいな歯という印象をお持ちでしょう。多少加工はしてあるかもしれませんが、芸能という仕事柄、口元に気を使うのはもはや当たり前と言えます。テレビでお馴染みの芸人さんや、元スポーツ選手なども、白く輝く歯で笑顔を見せています。かつて「芸能人は歯が命」という某歯磨き粉のCMは、未だに記憶に残っている人もいらっしゃるでしょう。

歯の色や古い被せ物にコンプレックスをお持ちの方は、芸能人のような白くきれいな歯を手に入れたい、と考えるのも、自然なことだと思います。その芸能人の口元の美しさは、セラミックによる治療もしくはホワイトニング、歯列矯正であると考えられます。

 

不自然なほど真っ白の歯が持つバランスの悪さ

セラミック治療は、ホワイトニングでは白くなりにくい歯や、保険で作られた被せ物の変色に悩む方、二次カリエスを防ぎたい方に適した治療法です。白く滑らかなセラミックは、細かな作業によって微妙に色を付けることができます。最上級の白さで作られた被せ物は、それこそ陶器そのもののようなツヤのある仕上がりとなります。

しかし、物事には何事もバランスが大切です。とにかく真っ白にしたいからと、周りの歯との調和を考えずに最上級の白さを選ぶと、その歯だけが浮いて見えてしまいます。特に何本かまとめてセラミッククラウンやブリッジにした場合、年齢を重ねるたびに歯の色だけが異様に白く、かえって不自然です。若いころはそれでもいいかもしれませんが、年齢を重なるにつれて歯だけが浮いて見えると、非常にバランスが悪く、せっかくセラミック治療を行っても、後悔する結果を招いてしまうかもしれません。

 

周りの歯の色に合わせた、自然な色調を選ぶことがポイント

歯の色を決める際に「シェードガイド」という色調を選ぶ見本のようなものがあります。シェードガイドだけ見ていると「もっと白くしたいな」と思うかもしれません。しかし、実際お口の中に入ってみると違和感が出る可能性もゼロではありません。

せっかく白く美しい歯にするのですから、年齢を重ねても自然な美しさを維持できるよう、色調を選ぶときは歯科医師とよく相談しながら慎重に考えましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら