はぴねす歯科

お知らせ

白い歯でも、自然さが大切

 

セラミック治療では白い歯を手に入れることができることから、注目を集めています。しかし、物事にはバランスというものが必要です。芸能人やモデルのような白い歯を求めすぎてしまうと、かえってバランスが悪くなってしまうことがあります。

 

芸能人のような白い歯

テレビや雑誌で見かける芸能人やモデルのほとんどは、白くきれいな歯という印象をお持ちでしょう。多少加工はしてあるかもしれませんが、芸能という仕事柄、口元に気を使うのはもはや当たり前と言えます。テレビでお馴染みの芸人さんや、元スポーツ選手なども、白く輝く歯で笑顔を見せています。かつて「芸能人は歯が命」という某歯磨き粉のCMは、未だに記憶に残っている人もいらっしゃるでしょう。

歯の色や古い被せ物にコンプレックスをお持ちの方は、芸能人のような白くきれいな歯を手に入れたい、と考えるのも、自然なことだと思います。その芸能人の口元の美しさは、セラミックによる治療もしくはホワイトニング、歯列矯正であると考えられます。

 

不自然なほど真っ白の歯が持つバランスの悪さ

セラミック治療は、ホワイトニングでは白くなりにくい歯や、保険で作られた被せ物の変色に悩む方、二次カリエスを防ぎたい方に適した治療法です。白く滑らかなセラミックは、細かな作業によって微妙に色を付けることができます。最上級の白さで作られた被せ物は、それこそ陶器そのもののようなツヤのある仕上がりとなります。

しかし、物事には何事もバランスが大切です。とにかく真っ白にしたいからと、周りの歯との調和を考えずに最上級の白さを選ぶと、その歯だけが浮いて見えてしまいます。特に何本かまとめてセラミッククラウンやブリッジにした場合、年齢を重ねるたびに歯の色だけが異様に白く、かえって不自然です。若いころはそれでもいいかもしれませんが、年齢を重なるにつれて歯だけが浮いて見えると、非常にバランスが悪く、せっかくセラミック治療を行っても、後悔する結果を招いてしまうかもしれません。

 

周りの歯の色に合わせた、自然な色調を選ぶことがポイント

歯の色を決める際に「シェードガイド」という色調を選ぶ見本のようなものがあります。シェードガイドだけ見ていると「もっと白くしたいな」と思うかもしれません。しかし、実際お口の中に入ってみると違和感が出る可能性もゼロではありません。

せっかく白く美しい歯にするのですから、年齢を重ねても自然な美しさを維持できるよう、色調を選ぶときは歯科医師とよく相談しながら慎重に考えましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら