はぴねす歯科

お知らせ

歯が欠けるのには原因があります

固いおせんべいを食べていて前歯が欠けた、以前治療した奥歯が、食事中に欠けてしまった・・・こんな経験はありませんか?この「歯が欠ける」のは、ただ単に固いものを食べたからとは限りません。健康な歯は、相当な衝撃を受けない限り、そう簡単に欠けることはありません。ではなぜ歯が欠けてしまうのでしょうか。

 

歯が欠ける原因のほとんどは、虫歯

歯が欠ける主な原因は、虫歯によるものと、事故やアクシデントなどで歯を強くぶつけた外傷によるものがほとんどです。強くぶつけた場合を除き、虫歯になって歯が欠けるケースは日常的にも多く、歯が欠けてはじめて虫歯になっていたことに気づくケースが大半です。

虫歯は神経近くまで達すると痛みを感じるようになりますが、進行の浅い虫歯の場合、痛みをまだそれほど感じないため、内部で虫歯が広がっていても気づきにくいものです。歯が欠けてしまうのは、一見すると虫歯になっていないように見えても、虫歯によって歯の内部まで溶けて空洞のようになっているからです。

また詰め物が取れた場合も、詰め物の下で虫歯が広がる二次カリエスが原因です。詰め物の間から唾液ととともに虫歯菌が侵入すると、内部で虫歯が広がってしまうため、詰め物が合わなくなって浮き上がってしまいます。その結果、食事中に詰め物が取れてしまうのです。

特に保険適用の銀歯の場合、素材が劣化しやすく、詰め物と歯の間に段差が生じて虫歯菌が入り込みやすくなってしまうため、二次カリエスが起こってしまうのです。

 

歯が欠けたらできるだけ早く受診を

それほど痛みを感じなくても、歯が欠けてしまったらできるだけ早く歯科医院を受診するようにして下さい。前歯の場合、とても目立ってしまうためすぐに受診する方がほとんどですが、奥歯が欠けたケースでは、痛くないからとしばらくそのまま放置してしまう人もいるのではないでしょうか。

欠けた歯をそのままにしておくと、虫歯菌が入り込みやすくなって虫歯が悪化する恐れがあります。痛くなくても、できるだけ早く受診することが望ましいでしょう。

 

審美性に優れた素材を使うことで二次カリエスが防げる

欠けた部分は、保険適用のレジンで対応が可能ですが、年数が経つと変色し、劣化するため治療済みの箇所が取れてしまいます。何度も再治療を繰り返すことで歯はたくさん削られ、歯の寿命が短くなってしまいます。

セラミックを遣った治療なら審美的に優れているだけでなく、二次カリエスを防ぐことが可能です。再治療を繰り返さないためにも、耐久性に優れた素材を使った治療が理想と言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら