はぴねす歯科

お知らせ

出っ歯になる原因とは

不正咬合の中でかなりの割合を占める「出っ歯」。横から見ると歯が前方へ出ており、口元全体が突出して見えてしまうため、横顔にコンプレックスを感じてしまうことと思います。では出っ歯の原因とはどういったものなのでしょうか。

 

先天性な原因と後天性な原因について

出っ歯は、前歯が大きく前方へ突出した不正咬合です。一見すると歯並びがきれいに整っていても、横から見ると前歯が大きく前方へ突出している場合、出っ歯と診断されます。また奥歯の噛み合わせもずれていることが多いことも特徴のひとつです。ではなぜ出っ歯になってしまうのか、その大きな要因は遺伝による先天性のものと、日常の癖による後天性のものに分けられます。

・先天性によるもの

顎の骨の大きさのバランスが取れていないなど骨格によるものは、遺伝的な要素が強い先天性の出っ歯です。上顎が大きく、前歯全体が上顎ごと前方へ出てしまっているタイプと、下顎が小さく奥のほうへ位置しているため、前歯が前方へ出ているタイプに分けられます。このタイプは骨格に原因が由来しており、専門的な言い方で「骨格性上顎前突」と呼ばれるものです。

出っ歯は遺伝的な要素が強く、父母、祖父母など家族に出っ歯の方がいると、出っ歯になってしまう可能性があります。

 

・後天的な理由によるもの

いっぽう、骨格ではなく歯の生え方に問題があることで起こる出っ歯は、後天的な要因によるものと考えられます。その代表例が、小さいころの指しゃぶりが長く続いてしまったことです。歯は力が加わると動きます。加わった力が前歯を前方へ押しやるようなものである場合、歯が前へ押しやられて少しずつ出っ歯になっていきます。その他にも爪を噛む、舌で前歯を押すなど、日常の悪癖が長期にわたって行われることで、歯がだんだん前へ出てしまいます。これを「歯性上顎前突」と言います。

 

出っ歯と診断されたら、原因に応じた治療を行いましょう

出っ歯は歯列矯正を行うことで改善できる可能性が高くなります。特に歯性上顎前突の場合、歯列矯正で歯を動かし、前歯を適切な位置へ導くことで噛み合わせも改善することができるでしょう。

しかし骨格性上顎前突の場合、必ずしも歯列矯正で100%改善できるとは限りません。抜歯をして歯を後方へ下げるスペースを確保する必要が出てくるかもしれません。また歯列矯正でよい結果が出なかった場合、外科処置が必要になることも考えられます。

出っ歯でお悩みの方は非常に多いと思います。ご自分の症状に応じた歯列矯正を行うことが大切です。どんな治療法になるのか、歯科医師とよく相談してください。

 

当院の矯正治療についてはこちら