はぴねす歯科

お知らせ

お子さんの歯並びの乱れは、乳歯の時期から改善が可能です

乳歯の生え方から、永久歯に生え変わったときの歯並びの乱れが予測できる場合があります。乳歯は永久歯よりも小さいため、乳歯の歯列が隙間なくきっちりと生え揃っている場合、永久歯の並ぶスペースが足らなくなってしまうのです。乳歯がこのような生え方の場合、早めに歯列矯正を開始することで色々なメリットを得ることができるのをご存知でしょうか。

 

乳歯の歯列に隙間がない場合や顎が小さい場合、永久歯の歯列の乱れがよそくできます

小さな可愛い歯がきれいに並んでいるのを見ると、「このまま大きくなればいいのにな」と思われることでしょう。しかしいざ永久歯が顔を出し始めると、抜けた乳歯のスペースに並ぶ余地はなく、おかしな位置に並びはじめ、乳歯が全部抜けきったときには永久歯の歯列がガタガタであることは決してめずらしくありません。

逆に、隙間だらけの乳歯の歯列では、永久歯が並ぶスペースが確保されやすく、永久歯が正しい位置に並ぶケースが多く見受けられます。

また顎の大きさと永久歯の大きさにも関係があります。顎が小さく永久歯が大きい場合も、永久歯がガタガタに生え揃ってしまうことが予測できます。

 

お子さんにも経済面でも負担が少ない、乳歯の歯列矯正

歯列矯正を行っているお子さんは多く、学校でも何人か矯正装置を付けているお子さんを見かけることがあると思います。或いは「わが子は以前矯正をしていたのよ」という会話を耳に

することもあるでしょう。このように、お子さんの将来を考えて歯列矯正を行うことは今ではごく当たり前になっています。

しかし「矯正=抜歯」というイメージも強く、費用もかかることから色々な面で負担がかかるのも事実です。

そこで選択肢として考えていただけるのが、乳歯の時期に始める「床矯正」です。床矯正による歯列矯正を始めることで、乳歯の時期に行う歯列矯正は顎の成長を促して永久歯を正しい位置に導くことを目的としており、抜歯も行うこともないため、このようなデメリットを軽減することが可能となります。

床矯正による治療時期を「第一期治療」と言い、いわば「土台を整える」治療と言えます。

永久歯が正しい位置に並んだあとに、ブラケットやマウスピースなどで引き続き歯並びを整える治療を「第二期治療」と言います。第二期治療から歯列矯正を始めると、抜歯が必要になったり治療期間が長くなったりすることが考えられますが、第一期治療で土台をきちんと整えておくことで第二期治療がスムーズに進んでいったり、治療期間が短く済むなど経済面にもメリットがあります。

 

お子さんの歯並びに不安がある場合、早めに歯科医院で相談しましょう

可愛いお子さんの将来の歯並びはどうなるでしょうか。何も問題がなくキレイに永久歯に生え揃うお子さんもいれば、乳歯の時期はとてもキレイだったのに、永久歯になってガタガタになってしまったお子さんもいらっしゃいます。

お子さんの歯並びを治してあげたい場合や、乳歯の歯列から将来に不安がある場合、できるだけ早めに歯科医院で相談してみましょう。

 

当院の小児歯科、小児矯正についてはこちら