はぴねす歯科

お知らせ

矯正治療中のホワイトニングについて

口元のコンプレックスというと、歯並びの乱れや出っ歯など歯並びに関することと、歯が黄色いなど、歯の色に関することが考えられます。ではこのお悩みを同時に解決することはできるのでしょうか。

 

矯正の種類によって、矯正中のホワイトニングが可能かどうかが決まる

歯列矯正には色々な種類があります。歯の表面にブラケットとワイヤーを付けて歯を動かす、最もオーソドックスなワイヤー矯正、歯の裏側に装置を付けて歯並びを整える裏側矯正、取り外し式のマウスピース矯正などがよく行われています。

もし矯正治療が表側にブラケットとワイヤーを付けて歯を動かすワイヤー矯正に決まった場合、矯正治療を行う前にホワイトニングをすることは可能です。この場合、マウスピースを使ったホームホワイトニングではなくオフィスホワイトニングのほうが適しているでしょう。というのも、せっかくホームホワイトニング用にマウスピースを作っても、矯正治療によって歯が動いていくため、マウスピースがはまらなくなるからです。ワイヤー矯正が始まったら、矯正装置を取り外すまでオフィスホワイトニングは行えません。

いっぽう、裏側矯正は矯正治療中であってもオフィスホワイトニングは可能です。しかし歯が動く力が強い場合、歯の神経が敏感になり痛みを感じることがあるため、オフィスホワイトニングの薬剤がしみる場合があります。

 

ホワイトニングと同時進行なら、マウスピース矯正がおすすめ

透明なマウスピースを装着して歯を動かすマウスピース矯正の場合、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングどちらも可能です。マウスピース矯正は比較的弱い力で歯が動いていくことから刺激もそれほど強くなく、歯を動かしながら白くしていくことが可能です。

ただしマウスピース矯正の種類によって、ホームホワイトニングができないケースもあるため、ご自身が行う予定のマウスピース矯正のマウスピースを使ってホームホワイトニングが可能かどうかを確認していただいたほうが無難かもしれません。なおインビザラインのアライナー(マウスピース)は、同時にホワイトニングを行うことが可能です。

 

ワイヤー矯正終了後のホワイトニングの注意点

裏側矯正およびインビザラインなどのマウスピース矯正は、同時にホワイトニングが可能であることをお話しました。ワイヤー矯正の場合、矯正治療が終了して装置を全て取り外した後ならホワイトニングを行うことができるようになりますが、いくつか注意点があります。それは、矯正装置を外した直後は神経が過敏になっているため、ホワイトニングの薬剤がしみやすくなっていること、そして歯にブラケットを付けていたときの接着剤が残っていると、その部分だけ白くならない場合があることです。特に矯正治療を行った歯科医院とホワイトニングを行う歯科医院が違う場合、ブラケットを付けていたことを伝えるようにして下さい。

 

当院のホワイトニングについてはこちら