はぴねす歯科

お知らせ

被せ物の周りの歯ぐき、黒ずんでいませんか?

キレイな口元とは、歯や歯並びだけでなく歯ぐきの健康も含んだ状態を指します。鏡の前で笑ったとき、差し歯や被せ物の周りの歯ぐきが黒くなっていませんか?口元の審美性を損ねるこの変色は、いったい何が原因なのでしょうか。

補綴物の周囲の黒ずみはイオン化した金属

差し歯や被せ物といった補綴物には、保険で作れるものと自費のものがあります。保険適用の場合、使用できる素材は決まっており、ほとんどの場合金属が使われることになります。

犬歯までの前歯は目立つ部位のため、表側は白いレジンが使われています。そのため見た目には大きな問題はありませんが、裏側と内部には金銀パラジウム合金という金属が使われることが条件となります。

また奥歯の場合は金属となり、大きな口を開けたときに目立ってしまいます。

これら金属を使った補綴物は年数が経つにつれて少しずつ劣化し、金属が溶け出してしまいます。溶け出した金属はイオン化し、歯ぐきに色素沈着を引き起こしてしまいます。これが、歯ぐきの黒ずみの原因なのです。

 

金属を使わない補綴物に変えることで、少しずつ改善されていきます

金属が使われている補綴物をそのままにしておくと、黒ずみは一向に解消されません。また歯ぐきも徐々に下がってくるため黒ずみとともに隙間も生じてきます。これではますます審美性が損なわれてしまいます。

歯ぐきの黒ずみを解消するためには、まず金属を使った補綴物を取り除き、金属を一切使わない補綴物に変えることが必要です。

金属を使わない素材として、セラミックがあります。ひとことでセラミックと言っても、全てセラミックで使われているものやジルコニアが含まれているものなど様々です。

金属を全く使わないため、もうイオン化することはありません。また汚れもつきにくいことから、二次カリエスにもなりにくいのが特徴です。

 

なお保険適用の穂綴物に「CAD/CAM冠」があります。この素材は金属を使っておらず、且つ安価で治療することができますが、適用できる部位に限りがあるため、前歯やいちばん奥の第二大臼歯などには使えません。

 

レーザーやガムピーリングによる色素沈着の改善

では黒くなった歯ぐきはすぐに元に戻るのでしょうか。実は歯ぐきの黒ずみは一気に解消されるわけではありません。レーザー治療やガムピーリングという治療を行って、歯ぐきをきれいに整えることで、黒ずみが解消されます。

では補綴物をわざわざセラミックなど高いものに変える必要はないんじゃないか?と思うかもしれませんが、根本的な原因を解消しなければ、歯ぐきの黒ずみは起こります。歯ぐきの黒ずみが気になる方は、まず根本的な原因を取り除き、歯ぐきをきれいに整えてキレイな口元を取り戻してみませんか?

 

当院のセラミック治療についてはこちら