はぴねす歯科

お知らせ

子どもに多い歯肉炎

お子さんに多いお口の中のトラブルは、虫歯だけではありません。歯ぐきが赤く腫れる「歯肉炎」は、お口の中が不衛生な状態で起こります。小さなお子さんから高校生くらいまでよく見られる歯肉炎は、放っておくと大人になったとき、歯周炎になってしまうことがあります。

 

子どもは歯周病にはならないですが・・・

歯周病とは、歯肉炎そして歯周炎を含む歯周組織に起こる炎症全般のことを言います。成人の場合、一般的に「歯周病」と言われますが、正しくは「歯周炎」であり、歯肉炎との違いは炎症が歯槽骨に広がっているかどうかとなります。

子どもの場合、基本的に歯周炎には進行しないと言われています。しかしそのままにしておくと、口腔内の衛生状態が常に不潔な状態となり、将来的に歯周炎へと進行することがあります。

 

歯肉炎の原因

歯肉炎の原因は、磨き残しです。歯と歯ぐきの境目に汚れが残ったままになると、やがてプラークとなり、歯ぐきに炎症を起こします。プラークは白っぽい色をした柔かい汚れで、細菌の塊です。

また日常的に口呼吸を行っていると、お口の中が乾いて唾液が少なくなり、細菌が繁殖しやすくなります。お口がポカンと開いているお子さんは、要注意です。

 

歯肉炎の種類について

歯肉炎は、磨き残しが原因で歯ぐきに腫れや出血が起こる症状を言いますが、歯肉炎にもいくつか種類があります。

・萌出性歯肉炎・・・永久歯が生えてくるときに起こる歯肉炎です。特に奥歯が生えかけの頃は、まだ歯が歯肉に覆われており、周囲に汚れが残りがちになます。その結果歯ぐきが腫れたり、痛みを感じるなどの症状が起こります。

・思春期性歯肉炎・・・ブラッシング不足による磨き残しとそれに伴うプラークに加え、思春期に分泌されるホルモンの影響で歯ぐきが腫れてしまうことがあります。歯ぐき全体がブヨブヨと腫れて赤くなり、歯ブラシがあたっただけで出血するといった症状が起こります。

・侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)・・・かつて若年性歯周炎と言われていた侵襲性歯周炎とは、幼少期や思春期のころから発症する歯周炎です。歯を支えている歯槽骨の吸収、深い歯周ポケット数値などが特徴で、ひどいと歯の動揺も見られます。プラークの付着は少なく、遺伝が原因ではないかと言われています。

 

しっかりとしたブラッシングと定期的なクリーニングで、お子さんの歯ぐきの健康を守ってあげましょう

歯肉炎は、ブラッシング不足が原因です。小さいうちは歯磨きが上手にできないため、保護者の方の仕上げ磨きが欠かせません。また成長するにつれて仕上げ磨きを離れますが、まだまだブラッシングがうまくできないでしょう。お子さんご自身で意識して歯と歯ぐきの境目をしっかり磨くよう、助言してあげて下さい。

そして定期的にクリーニングに通われることで、お口の中の健康を維持することができます。歯肉炎だからと軽く考えず、将来のお口の健康のためにも、定期的なクリーニングに通われることをお勧めします。

 

当院の小児歯科についてはこちら