はぴねす歯科

お知らせ

変色した被せ物を変えて、口元に自信を持ちませんか?

前歯に被せ物が入っていると、素材によっては年数が経つにつれて変色してしまうことがあります。その素材とは、保険適用のもので、レジンという歯科用プラスチックです。前歯はとても目立つ場所なので、茶色っぽく変色すると人目が気になってしまいませんか?

保険適用のレジンは変色しやすい

小さな虫歯を詰める場合、白いレジンが使われます。このレジンを使った保険の被せ物が、犬歯までの範囲で適用されます。

表側が白いレジン、裏側が金属で見た目には問題ありません。作製するときは、周囲の歯の色にできるだけ合わせて作られるため、見た目も自然です。

しかし保険適用の被せ物の寿命はあまり長くなく、レジン部分が欠けて中の金属が見えたり、歯ぐきが下がることで被せ物と歯ぐきの間にプラークが溜まってしまうこともあります。

そしてレジンはプラスチックのような樹脂のため、使っていくうちに細かなキズが生じてしまいます。そこに日常の飲食物によるステインが付着するため、だんだん変色していきます。

このように、保険適用の前歯の差し歯は劣化しやすく、変色しやすいため周りの歯と比べて差が出てしまうのです。また溜まったプラークが原因で二次カリエスになりやすいこともデメリットと言えるでしょう。

 

変色や劣化しにくい素材は、コストもよい

保険適用の差し歯は安価で治療できますが、変色や二次カリエスにより再治療を繰り返していると、結局費用がかさんできます。また再治療を繰り返すたびに歯を削ることになるため、最終的に歯を失うことになりかねません。

このように、保険適用は良い部分もある反面、歯の健康にとってはマイナスな面が多い補綴治療であると言えます。

このようなマイナス面をカバーするのが、セラミックによる自費治療です。セラミック治療はたしかに費用がかかります。

しかしセラミックは表面が滑らかで傷がつきにくく、ステインが付着しにくい素材です。そのため年数が経っても劣化しにくく、作製当初の美しさを保つことが可能です。

二次カリエスにもなりにくく、長持ちしやすいこともメリットです。再治療を繰り返しやすい保険治療と比較すると、最初はコストがかかるものの、生涯にかかる歯科の医療費を考えると、実はコストに優れています。これは意外な盲点であり、つい目先の医療費ばかりを考えてしまいがちですが、セラミック治療を行うことがかえって節約に繋がることにもなるのです。

 

口元に自信を持ち、歯の健康を維持してみませんか

差し歯の変色は再治療を行うことで改善できますが、保険適用の素材では限界があります。また歯の健康にも影響が出てしまいます。セラミック素材に変えることは、審美性だけでなく歯の健康維持にも大きな役割を果たすことになります。

差し歯の変色にお悩みの方は、いちど自費治療に力を入れている歯科医院で相談してみてはどうでしょうか。

 

当院のセラミック治療についてはこちら