はぴねす歯科

お知らせ

大人だけじゃない!?子どもの歯石について

歯石は大人の歯にだけ付くものではありません。乳歯や生えたばかりの永久歯にも歯石は付着します。では子どもの歯に歯石が付いたときは取ったほうがよいのでしょうか。

歯石とは、プラークが石灰化したもの

ブラッシングが不足していたり、上手に磨けていない場合、汚れが歯に残ったままになります。そこに細菌が棲みついてプラークを作り出します。プラークは白っぽくネバネバとした柔らかい汚れで、比較的取り除きやすいです。そのままにしておくと、プラークに虫歯菌や歯周病菌などが棲みつき、虫歯や歯肉炎、歯周炎などを引き起こしてしまいます。

プラークが石灰化して石のようになったものが歯石で、プラークと違って硬く、歯にこびりついてしまいます。歯石はそれほど悪いものではありませんが、プラークが石灰化したものであることから、できればプラークは落としておいたほうがよいでしょう。なおプラークが歯石になるのには数日から2週間程度と言われています。

 

ブラッシング不足が原因で子どもでも歯石が付いてしまいます

赤ちゃんや幼児期は虫歯菌や歯周病菌はあまり見られず、唾液の分泌量も多いため。それほどプラークは溜まりません。しかし学童期になると虫歯菌などを保持しているケースが多く、磨き残しによってプラークが作られてしまいます。その結果、石灰化した歯石が歯に付いてしまいます。その原因として挙げられるのが、やはりブラッシング不足です。小さな頃は保護者の仕上げ磨きがよく行われるため汚れもキレイに落とせていることが多いですが、学童期や思春期になると、親の仕上げ磨きを離れて自分でするお子さんがほとんどです。

しかし自分で上手にそして完璧にブラッシングを行うのは至難の業です。そのため汚れが残ってプラークや歯石が作られ、歯肉炎などを引きこしてしまいます。

 

子どもでも歯石が付いている場合は、歯科医院で取ってもらいましょう

歯石が付いたままでいると、やがて歯肉炎や虫歯を引き起こす可能性が高くなります。歯石が付いていたら、小さくても歯科医院を受診し、歯石を取ってもらいましょう。大人やある程度大きくなったお子さんは、超音波を使った歯石除去を行いますが、まだ小さいお子さんは器械をお口の中に入れて歯石除去はなかなか行えません。歯石そのものはついたままでもそれほど大問題にはならないため、適切なブラッシングで汚れを蓄積させないことを考えてあげて下さい。

小さいお子さんでも定期検診をしっかり受け、プラークや歯石が付いていないかどうかをチェックしてもらいましょう。

 

当院の小児歯科についてはこちら