はぴねす歯科

月別: 2019年8月

虫歯治療の跡はきれいに治せます

 

虫歯治療を終えて何年か経つと、治療した部分が変色することがあります。治療を終えた当初は、歯と同じ尾ような色で目立たずキレイに治った!と思っても、数年後には再治療せざるをえなくなってしまいます。せっかく治療をするなら、ずっときれいなままでいたいと思ってしまいませんか?

歯を削った部分はどうしても劣化してしまいます

小さな虫歯や、歯と歯の間に虫歯ができてしまった場合、虫歯部分を削ってレジンを詰めて削った箇所を修復します。

また神経まで達していないものの、虫歯の範囲が深い場合、レジンではなくインレーと呼ばれる詰め物を詰めて修復します。インレーは保険適用の場合、金属もしくはレジンのインレーとなります。

レジンを使って治療した場合、歯の色に合わせ見レジンを使用するため、見た目はとても自然です。しかしレジンは傷や汚れが付きやすく、年数が経つにつれてだんだん着色などの汚れが付いてきます。そのため、作製当初のような美しさがだんだん損なわれ、ご自身の歯とレジンとの間に審美的な問題が生じてしまいます。

また金属を使ったインレーは見た目の問題だけでなく、再治療のリスクが高まります。これは劣化したセメントが溶けだしてしまうため、隙間から虫歯菌が入り込んでしまうため、インレーが浮き上がってしまいます。

このように、歯を削ると機能や審美性に影響が出てしまうことがあります。

審美性を重視した素材は再治療リスクも低減させる

セラミックは白く滑らかな素材で、プラークが付きにくいと言われています。虫歯治療を行った歯をセラミックで修復することで、審美面を回復させることができるのは、非常に喜ばしいのではないでしょうか。セラミックは滑らかで汚れが付きにくい素材のため、経年のための変色が起きません。特に修復した前歯の変色はとても目立つため、ダイレクトボンディングやセラミックなど審美性を重視した素材を使うことが改善策と言えるでしょう。

機能面においても注目すべき点があります。セラミックはプラークが付きにくいため二次カリエスになりにくいという特徴があります。

歯を失う原因は、再治療の繰り返しです。治っては再治療、治っては再治療・・・こんなことを繰り返していると、いつかは歯を失ってしまうことになるでしょう。このようなことにならないためにも、虫歯が再発しにくい材料を選ぶことが非常に重要です。

虫歯治療跡は意外にも目立ちます。気になる治療跡をキレイにして、健康的で美しい歯を取り戻しましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

もうちょっと早く矯正治療を始めたかった・・・と思わないで

幼いころから歯並びがコンプレックスだったけど、なんとなく矯正治療をせずに今まで来てしまった・・・。周りがキレイな歯並びをしていると、小さいうちに矯正治療をしておけばよかったと後悔することもあるかもしれません。でも諦めないで下さい。

矯正治療の開始時期に絶対的な正解は、ありません

歯並びにコンプレックスがあり、今もなお矯正治療を行っていない場合、小学校低学年の子供が矯正装置を付けていると「ああ歯並びが気になるんだな。お父さんお母さん、ちゃんとしてくれているんだな」と思うことがあるでしょう。それは保護者の方も同じでかもしれません。思春期を迎えた我が子の歯並びを見るたび、「やっぱり小さいうちから矯正をさせておけばよかった」という思いを抱いたまま、今日に至るのではないでしょうか。

しかし矯正治療は必ずしも小さいうちからしなければいけないことはありません。もちろん、小さいころから床矯正を始めて永久歯のスペースを作っておけば、その後の歯並びが早くに整うことでしょう。しかし矯正治療の開始時期に決まりはありません。スタートは、「今からでもやってみよう」「社会人になるまでに,治してあげたい」と思ったときなのです。

 

思春期ごろの矯正治療について

思春期になると、周りのお友達や異性の視線が気になる年頃です。最も一般的なブラケット矯正はほとんどの症例に対応できますが、金属のブラケットが気になってイヤだと思うお子さんも少なくありません。

見た目が気になるのなら、おすすめはセラミックブラケットとホワイトワイヤーを使った治療法です。効果はメタルブラケットと変わりませんが、金属のギラギラがないため、見た目に矯正治療をしていることがわかりにくいことがメリットです。ただしブラケット周りに汚れがつきやすく、ワイヤーが通っていることでフロスが通らないため、お口の中の衛生を保ちにくいのが難点です。

また取り外し式のマウスピースを使ったマウスピース矯正もおすすめです。透明なマウスピースのため、目立たずに歯並びを整えることができます。取り外して食事や歯磨きも行えるため、日常生活が非常に送りやすいことも大きなメリットです。

ただ難症例の場合は、マウスピース矯正では対応ができないこともあります。また抜歯を伴うケースも難しい場合があるため、全ての症例に対応できないこともあるのが、マウスピース矯正のデメリットと言えるでしょう。

 

見た目だけでなく、将来の歯の健康のためにも

歯並びにコンプレックスがあると、笑顔に自信が持てないだけでなく、将来の歯の健康にも影響します。小さいころにしておけばよかった、と思わずに、生き生きとした毎日を送るためにも、歯並びが気になったらまず歯科医院に気軽に相談してみてはどうでしょうか。

 

当院の小児矯正についてはこちら

治療は最後まで必ず受けましょう

虫歯などで歯が痛くなったら、必ず最後まで治療を受けていますか?中には「痛くなくなったから」「通院が面倒」「時間が取れない」などの理由で治療を途中で止めてしまう方もいらっしゃいます。きちんと最後まで治療をしないと、のちに症状が悪化してしまうことにもなりかねません。

最も多く、リスクが高い「根管治療」の途中放棄

ちょっとした痛みなら、そのうち治まるかもしれないと我慢していた歯の痛みも、我慢できないほどズキズキ痛むようになると、さすがに歯科医院を訪れる人がほとんどだと思います。この症状は虫歯が神経まで達した状態で、神経を取り除き、根の中をきれいにする根管治療が行われます。

根管治療は、いちどで終わりません。根の中の細菌がいなくなるまで、何度か洗浄、消毒を行います。そして根の中が完全にキレイになったことを確認したら最終的な薬を詰めてフタをし、土台を立ててから被せ物の型取りをします。できあがった被せ物を装着し、噛み合わせを調整してはじめて治療を終えることになります。

ところが、根管治療を途中で放棄し、通院しなくなる人が実はかなり多いことをご存知でしょうか。もう痛くなくなったから、通院が面倒だからなどといった理由で根管治療を途中で止めてしまうと、いつまでたっても歯の治療は終わりません。

それどころか、仮の詰め物の状態で放置してしまうと、詰め物が取れた場合にむき出しになった根の中に、細菌を含んだ唾液がどんどん流れ込んで、再び症状が悪化します。場合によっては根の先に膿を持ってひどく痛んだり、歯ぐきが腫れるなど当初の症状よりも悪化するケースもあります。

悪化しないためにも、そしてきちんと治すためにもまず根管治療は、必ず最後まで行いましょう。

 

土台のまま放置すると、噛み合わせやバランスが悪くなる

また土台を立てたまま被せ物をいつまでも入れないでいると、噛み合わせが変わってしまったり、顔の筋肉、特に口周りの筋肉のバランスが悪くなって、バランスの悪い顔つきになってしまいます。噛み合わせは非常に大切です。噛み合う歯がないと噛み合わせが狂い、頭痛や肩凝りといった不定愁訴を引き起こしやすくなります。

根管治療後は速やかに被せ物を被せ、きちんと噛める昨日を取り戻すことが大切です。被せ物の種類は色々あり、見た目や機能、部位によって選択するとよいでしょう。

 

治療は最後まできちんと受けることが歯の健康維持に繋がります

歯科治療は、きちんと最後まで行わないと新たなトラブルを引き起こしてしまうことがあります。小さな虫歯や歯周病にかかわりなく、治療が終了するまでは勝手に歯科治療を止めず、きちんと治療に通うようにしましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

歯列矯正では親知らずを抜かなければいけないのでしょうか

親知らずは「第三大臼歯」と呼ばれ、上下左右合わせて4本あります。位置は最奥で、4本とも生えている人もいれば、まったく生えていない人など様々です。では歯列矯正を行うにあたって、親知らずは必ず抜くべきなのでしょうか。

 

全て真っ直ぐに生えてくるとは限らない親知らず

親知らずは、20歳前後で生えてくることが多く、中には親知らずが歯ぐきの中で埋まっているものの、生涯生えてこない方などいろいろです。

4本とも生えている方、1本だけ生えている方、親知らずの存在は確認できるものの、一生生横向けに生えてこない方もいらっしゃいます。また親知らずは必ずしも真っ直ぐに生えてくるとは限りません。ほんの少しだけ顔を出している、完全に横向きで生えているなど、親知らずの生え方は必ずしも真っ直ぐではなく、様々です。

気をつけたい、親知らずによる第二大臼歯の虫歯

親知らずは、実は他の歯にとってあまり良い影響を与えません。極端に言えば、生えていても意味がない歯なのです。下左右の親知らずが真っ直ぐキレイに生えており、噛み合わせにも問題がない場合はそのままにしておくことがほとんどですが、親知らずが生えていることで、手前の第二大臼歯が虫歯になるケースがとても多いのです。

親知らず自体が虫歯の場合、抜いてしまえば済むことですが、第二大臼歯は奥歯の噛み合わせにとってとても大切な歯です。しかし親知らずが生えていることでブラッシングがし辛くなり、いつの間にかプラークが溜まって、気が付けば歯が溶けていた・・・なんてことも決してめずらしくありません。もし病巣が大きければ、神経の治療を行って被せ物を被せなければならないこともあります。

歯列矯正を始める前に抜いておくべき親知らず

歯並びのがたつきの原因が、親知らずであるケースも少なくありません。特に親知らずが横向きに生えている(水平埋伏)場合、となりの歯を押してしまうことがあり、気が付けば歯並びがガタガタ担っていること考えられます。

もし歯列矯正を開始するなら、いちど歯科医師に相談して親知らずを抜くかどうかを決めなければいけません。今後の歯並びのためにも、親知らずは抜いておくべきと言えるでしょう。特に成人になるまでに歯列矯正を終えた方は、成人後に親知らずが生えてくることで歯並びが悪くなり、せっかくきれいに整えた歯並びがガタガタになってしまうことも考えられます。

親知らずがあるとわかったら、早めに歯科医師に相談し、歯列矯正を考えていることを告げるようにしてください。

 

当院の矯正治療についてはこちら

PMTCでどこまで歯がキレイになる?

歯のクリーニングを表す「PMTC」は、定期的に行うことでプラークを除去し、着色などを取っては本来の色を取り戻します。ではPMTCを続けることでどこまで歯が白くなるのでしょうか。

歯の健康維持に欠かせないPMTC

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」のことで、歯科医院で受ける歯のクリーニングのことです。専用の器具やブラシ、ペーストなどを使って家庭での歯磨きでは落としきれない汚れやプラークを落とし、歯本来の色を蘇らせます。歯を失う原因は主に虫歯と歯周病ですが、PMTCと歯石除去を合わせて定期的に行うことで、歯の健康そして歯本来の自然な美しさを取り戻し、維持することができます。

PMTCを終えた後の歯はツルツルでとても気持ちがよいものです。そしてPMTCを終えた瞬間から、また新たなプラークが形成されはじめるため、定期的にPMTCを受けていただくことをお勧めします。

 

PMTCではどこまでキレイにできる?

日常の飲食で、どうしても茶渋などの着色は付いてしまいます。またタバコをすう方は、ヤニが付着して茶色くなってしまいます。ヤニは普段のブラッシングでは取り除くことが難しいので、そのまま奉仕しておくと、歯がまっ茶色に変色して見えてしまいます。

PMTCでは、歯科衛生士が患者様の歯の汚れや着色具合を見ながら、色々なブラシやペーストなどを使って歯の汚れを取り除き、ツルツルに磨き上げます。

PMTCには保険適用と自費があります。保険適用の場合、費用を抑えることはできますが、使える薬剤にも制限が出てしまいます。いっぽう自費のPMTCは使える薬剤やペーストに制限はなく、ご自身でよく決めてください。

 

PMTCを受けることで、歯本来の色を取り戻し、表面を磨き上げることでワ色調がワントーン上がって見えるかもしれません。しかし実際は、ご自身の歯の色を取り戻す、と考えられます。

そのため、真っ白な歯を手に入れるためにはホワイトニングのほうが適しています。ホワイトニングはホワイトニングジェルを塗り、歯本来の色よりも白く仕上げることができます。ただし後戻りが早いオフィスホワイトニングを定期的に受けるとコストがけっこうかかってしまいます。

白さを維持したいなら、ホームホワイトニングとPMTCを併用するのがお勧めです。ホワイトニングはご自身の歯よりも白く仕上げることができますが、後戻りが出てくるため、担当医や歯科衛生士と相談しながら、白く健康な歯を維持できるよう計画を立ててみるとよいでしょう。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

ホワイトニングの後戻りについて

白く輝く歯は口元に清潔感を与え、笑顔を引き立ててくれます。最近では口元の審美性に対する意識が高まり、ホワイトニングを受ける方も増えてきました。このホワイトニングですが、ずっと白さが持続するわけではありません。今回は、ホワイトニングの後戻りについてお話をしたいと思います。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは後戻りの早さが違う

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、歯科医院で型取りを行って作製したマウスピースにホワイトニングジェルを流し込んで行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは即効性があり、いちどの施術でかなり歯が白くなります。

いっぽうホームホワイトニングはオフィスホワイトニングのような即効性はありませんが、じっくりと続けることでだんだん歯が白くなっていきます。オフィスホワイトニング後のメンテナンスのような形でホームホワイトニングを行うことで、白さを持続させる方が多いようです。

どちらも施術後から後戻りが始まります。オフィスホワイトニングは施術後から3ヶ月程度で後戻りし、半年もすれば元の色に戻ってしまいます。

ホームホワイトニングは効果の表れが遅い分、後戻りも緩やかです。だいたい6ヶ月くらいから後戻りが始まります。

このように、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは後戻りに違いが出てきます。

 

後戻りの期間を知って、上手に白さをキープしましょう

いちどホワイトニングを行って白い歯を手に入れると、心理的に「この先もずっとこの白さを保ちたい」と思うようになるものです。ホワイトニングの白さは、セラミッククラウンを被せた人工歯に比べて白さは永久的なものではありません。これは天然歯ならではの現象であり、自然なことなので後戻りが気になる方は、後戻りの周期を知って、上手にホワイトニングを続けることをおすすめします。

オフィスホワイトニングがメインの方は、できればホームホワイトニングを併用することが最も効果的ですが、自宅でなかなか時間が取れない方は、2、3ヶ月ごとのオフィスホワイトニングで白さを持続するとよいでしょう。

ホームホワイトニングは効果が持続しやすく、好きな時間に行えることがメリットですが、ついサボってしまうこともあるかもしれません。短い時間でもいいので毎日行えることが理想ですが、それが難しい方は週に2,3回でも継続的に行うことで、後戻りを防ぐことが可能です。

せっかっくホワイトニングで白くした歯を後戻りさせないためにも、継続的にホワイトニングを続けることが大切です。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

夏季休診日のお知らせ

8月11日(日)から8月15日(木)まで、夏季休診とさせていただきます。
8月16日(金)からは通常診療となります。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。