はぴねす歯科

お知らせ

ホワイトニングの後戻りについて

白く輝く歯は口元に清潔感を与え、笑顔を引き立ててくれます。最近では口元の審美性に対する意識が高まり、ホワイトニングを受ける方も増えてきました。このホワイトニングですが、ずっと白さが持続するわけではありません。今回は、ホワイトニングの後戻りについてお話をしたいと思います。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは後戻りの早さが違う

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、歯科医院で型取りを行って作製したマウスピースにホワイトニングジェルを流し込んで行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは即効性があり、いちどの施術でかなり歯が白くなります。

いっぽうホームホワイトニングはオフィスホワイトニングのような即効性はありませんが、じっくりと続けることでだんだん歯が白くなっていきます。オフィスホワイトニング後のメンテナンスのような形でホームホワイトニングを行うことで、白さを持続させる方が多いようです。

どちらも施術後から後戻りが始まります。オフィスホワイトニングは施術後から3ヶ月程度で後戻りし、半年もすれば元の色に戻ってしまいます。

ホームホワイトニングは効果の表れが遅い分、後戻りも緩やかです。だいたい6ヶ月くらいから後戻りが始まります。

このように、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは後戻りに違いが出てきます。

 

後戻りの期間を知って、上手に白さをキープしましょう

いちどホワイトニングを行って白い歯を手に入れると、心理的に「この先もずっとこの白さを保ちたい」と思うようになるものです。ホワイトニングの白さは、セラミッククラウンを被せた人工歯に比べて白さは永久的なものではありません。これは天然歯ならではの現象であり、自然なことなので後戻りが気になる方は、後戻りの周期を知って、上手にホワイトニングを続けることをおすすめします。

オフィスホワイトニングがメインの方は、できればホームホワイトニングを併用することが最も効果的ですが、自宅でなかなか時間が取れない方は、2、3ヶ月ごとのオフィスホワイトニングで白さを持続するとよいでしょう。

ホームホワイトニングは効果が持続しやすく、好きな時間に行えることがメリットですが、ついサボってしまうこともあるかもしれません。短い時間でもいいので毎日行えることが理想ですが、それが難しい方は週に2,3回でも継続的に行うことで、後戻りを防ぐことが可能です。

せっかっくホワイトニングで白くした歯を後戻りさせないためにも、継続的にホワイトニングを続けることが大切です。

 

当院のホワイトニングについてはこちら