はぴねす歯科

お知らせ

PMTCでどこまで歯がキレイになる?

歯のクリーニングを表す「PMTC」は、定期的に行うことでプラークを除去し、着色などを取っては本来の色を取り戻します。ではPMTCを続けることでどこまで歯が白くなるのでしょうか。

歯の健康維持に欠かせないPMTC

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」のことで、歯科医院で受ける歯のクリーニングのことです。専用の器具やブラシ、ペーストなどを使って家庭での歯磨きでは落としきれない汚れやプラークを落とし、歯本来の色を蘇らせます。歯を失う原因は主に虫歯と歯周病ですが、PMTCと歯石除去を合わせて定期的に行うことで、歯の健康そして歯本来の自然な美しさを取り戻し、維持することができます。

PMTCを終えた後の歯はツルツルでとても気持ちがよいものです。そしてPMTCを終えた瞬間から、また新たなプラークが形成されはじめるため、定期的にPMTCを受けていただくことをお勧めします。

 

PMTCではどこまでキレイにできる?

日常の飲食で、どうしても茶渋などの着色は付いてしまいます。またタバコをすう方は、ヤニが付着して茶色くなってしまいます。ヤニは普段のブラッシングでは取り除くことが難しいので、そのまま奉仕しておくと、歯がまっ茶色に変色して見えてしまいます。

PMTCでは、歯科衛生士が患者様の歯の汚れや着色具合を見ながら、色々なブラシやペーストなどを使って歯の汚れを取り除き、ツルツルに磨き上げます。

PMTCには保険適用と自費があります。保険適用の場合、費用を抑えることはできますが、使える薬剤にも制限が出てしまいます。いっぽう自費のPMTCは使える薬剤やペーストに制限はなく、ご自身でよく決めてください。

 

PMTCを受けることで、歯本来の色を取り戻し、表面を磨き上げることでワ色調がワントーン上がって見えるかもしれません。しかし実際は、ご自身の歯の色を取り戻す、と考えられます。

そのため、真っ白な歯を手に入れるためにはホワイトニングのほうが適しています。ホワイトニングはホワイトニングジェルを塗り、歯本来の色よりも白く仕上げることができます。ただし後戻りが早いオフィスホワイトニングを定期的に受けるとコストがけっこうかかってしまいます。

白さを維持したいなら、ホームホワイトニングとPMTCを併用するのがお勧めです。ホワイトニングはご自身の歯よりも白く仕上げることができますが、後戻りが出てくるため、担当医や歯科衛生士と相談しながら、白く健康な歯を維持できるよう計画を立ててみるとよいでしょう。

 

当院のホワイトニングについてはこちら