はぴねす歯科

お知らせ

歯列矯正では親知らずを抜かなければいけないのでしょうか

親知らずは「第三大臼歯」と呼ばれ、上下左右合わせて4本あります。位置は最奥で、4本とも生えている人もいれば、まったく生えていない人など様々です。では歯列矯正を行うにあたって、親知らずは必ず抜くべきなのでしょうか。

 

全て真っ直ぐに生えてくるとは限らない親知らず

親知らずは、20歳前後で生えてくることが多く、中には親知らずが歯ぐきの中で埋まっているものの、生涯生えてこない方などいろいろです。

4本とも生えている方、1本だけ生えている方、親知らずの存在は確認できるものの、一生生横向けに生えてこない方もいらっしゃいます。また親知らずは必ずしも真っ直ぐに生えてくるとは限りません。ほんの少しだけ顔を出している、完全に横向きで生えているなど、親知らずの生え方は必ずしも真っ直ぐではなく、様々です。

気をつけたい、親知らずによる第二大臼歯の虫歯

親知らずは、実は他の歯にとってあまり良い影響を与えません。極端に言えば、生えていても意味がない歯なのです。下左右の親知らずが真っ直ぐキレイに生えており、噛み合わせにも問題がない場合はそのままにしておくことがほとんどですが、親知らずが生えていることで、手前の第二大臼歯が虫歯になるケースがとても多いのです。

親知らず自体が虫歯の場合、抜いてしまえば済むことですが、第二大臼歯は奥歯の噛み合わせにとってとても大切な歯です。しかし親知らずが生えていることでブラッシングがし辛くなり、いつの間にかプラークが溜まって、気が付けば歯が溶けていた・・・なんてことも決してめずらしくありません。もし病巣が大きければ、神経の治療を行って被せ物を被せなければならないこともあります。

歯列矯正を始める前に抜いておくべき親知らず

歯並びのがたつきの原因が、親知らずであるケースも少なくありません。特に親知らずが横向きに生えている(水平埋伏)場合、となりの歯を押してしまうことがあり、気が付けば歯並びがガタガタ担っていること考えられます。

もし歯列矯正を開始するなら、いちど歯科医師に相談して親知らずを抜くかどうかを決めなければいけません。今後の歯並びのためにも、親知らずは抜いておくべきと言えるでしょう。特に成人になるまでに歯列矯正を終えた方は、成人後に親知らずが生えてくることで歯並びが悪くなり、せっかくきれいに整えた歯並びがガタガタになってしまうことも考えられます。

親知らずがあるとわかったら、早めに歯科医師に相談し、歯列矯正を考えていることを告げるようにしてください。

 

当院の矯正治療についてはこちら