はぴねす歯科

お知らせ

治療は最後まで必ず受けましょう

虫歯などで歯が痛くなったら、必ず最後まで治療を受けていますか?中には「痛くなくなったから」「通院が面倒」「時間が取れない」などの理由で治療を途中で止めてしまう方もいらっしゃいます。きちんと最後まで治療をしないと、のちに症状が悪化してしまうことにもなりかねません。

最も多く、リスクが高い「根管治療」の途中放棄

ちょっとした痛みなら、そのうち治まるかもしれないと我慢していた歯の痛みも、我慢できないほどズキズキ痛むようになると、さすがに歯科医院を訪れる人がほとんどだと思います。この症状は虫歯が神経まで達した状態で、神経を取り除き、根の中をきれいにする根管治療が行われます。

根管治療は、いちどで終わりません。根の中の細菌がいなくなるまで、何度か洗浄、消毒を行います。そして根の中が完全にキレイになったことを確認したら最終的な薬を詰めてフタをし、土台を立ててから被せ物の型取りをします。できあがった被せ物を装着し、噛み合わせを調整してはじめて治療を終えることになります。

ところが、根管治療を途中で放棄し、通院しなくなる人が実はかなり多いことをご存知でしょうか。もう痛くなくなったから、通院が面倒だからなどといった理由で根管治療を途中で止めてしまうと、いつまでたっても歯の治療は終わりません。

それどころか、仮の詰め物の状態で放置してしまうと、詰め物が取れた場合にむき出しになった根の中に、細菌を含んだ唾液がどんどん流れ込んで、再び症状が悪化します。場合によっては根の先に膿を持ってひどく痛んだり、歯ぐきが腫れるなど当初の症状よりも悪化するケースもあります。

悪化しないためにも、そしてきちんと治すためにもまず根管治療は、必ず最後まで行いましょう。

 

土台のまま放置すると、噛み合わせやバランスが悪くなる

また土台を立てたまま被せ物をいつまでも入れないでいると、噛み合わせが変わってしまったり、顔の筋肉、特に口周りの筋肉のバランスが悪くなって、バランスの悪い顔つきになってしまいます。噛み合わせは非常に大切です。噛み合う歯がないと噛み合わせが狂い、頭痛や肩凝りといった不定愁訴を引き起こしやすくなります。

根管治療後は速やかに被せ物を被せ、きちんと噛める昨日を取り戻すことが大切です。被せ物の種類は色々あり、見た目や機能、部位によって選択するとよいでしょう。

 

治療は最後まできちんと受けることが歯の健康維持に繋がります

歯科治療は、きちんと最後まで行わないと新たなトラブルを引き起こしてしまうことがあります。小さな虫歯や歯周病にかかわりなく、治療が終了するまでは勝手に歯科治療を止めず、きちんと治療に通うようにしましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら