はぴねす歯科

お知らせ

マウスピース矯正で気を付けるべきこととは?

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正と比べると目立たず歯並びを整えることができることから注目を集めている矯正治療法です。また食事や歯磨きの際、取り外しができるため、取り扱いしやすいことも魅力の一つです。しかし、マウスピース矯正は案外虫歯リスクが高いことをご存じでしょうか。

なぜマウスピース矯正は虫歯リスクが高いのか

ワイヤー矯正と比べると、マウスピース矯正は歯磨きがしやすく、プラークコントロールも行いやすいため虫歯リスクは低いと思われることでしょう。しかし、これはあくまで「歯磨きがきちんとできている」ということが前提だということです。言い換えれば、ブラケットやワイヤーといった矯正装置がついているため歯磨きがし辛いワイヤー矯正でも、きちんと歯磨きができていてプラークコントロールが行えれば、虫歯リスクは低いということです。

更に言い換えれば、どれだけ歯磨きやしやすく、取り扱いやすいマウスピース矯正でも、歯磨きがきちんと行えず汚れが残ったままだと、虫歯になってしまうのです。

実際、マウスピース矯正を始める前は虫歯ひとつなかった方が、マウスピース矯正を始めて、大臼歯にこれまではなかったCO(歯の表面が少し溶けている脱灰状態)になってしまった症例があります。COになってしまった原因として考えられるのは、食事や間食をしたあと、歯磨きをせずにそのままマウスピースを装着していたため、歯の溝食べかすが残ったまま数時間マウスピースによってフタをされていたことです。そこへ口内細菌も一緒に閉じ込められるため、エナメル質が溶けてしまったと推測されるのです。

唾液は食べかすや細菌を洗い流す効果がありますが、マウスピースをした状態では唾液はマウスピースの中にほとんど入り込みません。そのためプラークコントロールをきちんと行わないと、虫歯になる可能性が高くなってしまうのです。

食べたあとは、必ず歯磨きやうがいをしておくこと

マウスピース矯正は便利な反面、出先で飲食をした際にきちんと歯磨きをしなければこのような虫歯リスクが生じてしまいます。面倒と思うかもしれませんが、きれいな歯並びを手に入れるためには健康な歯であることが絶対条件です。装置ケースを持ち運ぶとともに、携帯用の歯磨きセットも必ず一緒に持ち歩き、飲食のたびに歯磨きをする習慣をつける必要があります。どうしても無理なときは、口をゆすいで食べかすをきちんと洗い流しておきましょう。

またマウスピース本体もきれいに洗い流し、一日一度は専用の洗浄剤を使って清潔にしておきましょう。

 

当院のマウスピース矯正(インビザライン)についてはこちら