はぴねす歯科

お知らせ

ホワイトニング前に済ませておくべきことについて

 

歯に薬剤を塗布して歯を真っ白にするホワイトニングの人気が高まっています。しかし、どんな方でも施術できるわけではありません。被せ物や抗生物質による変色はホワイトニングでは白くできないことはよく知られていますが、虫歯や歯周病がある場合でも、ホワイトニングはできないのでしょうか。

施術前の歯科医師の診察でチェックされることとは

歯科医院で受けることができるのは、オフィスホワイトニングおよびホームホワイトニングで、医療機関しか扱うことのできない薬剤を用いて歯を白く仕上げます。初めてホワイトニングを受ける際、必ず歯科医師が診察し、歯やお口の中に異常がないかどうかをチェックします。この事前の診察の時に虫歯や歯周病が見つかった場合、すぐにホワイトニングができないことがあります。と言うのも、ホワイトニングの薬剤が虫歯や歯周病に影響を与える可能性があるからです。

では虫歯や歯周病があったら、絶対にホワイトニングができないということはありません。もし虫歯や歯周病が確認された場合、先に虫歯治療および歯周病治療を済ませてからホワイトニングを受ける流れとなります。

しかし重度の歯周病の場合、症状が悪化する可能性が高いため、ホワイトニングが出来かねる場合もあります。

またひどい知覚過敏も、ホワイトニングは難しいでしょう。施術前にしみ止めを塗布してから行うこともありますが、知覚過敏の症状が強い方は、事前に歯科医師に伝えたほうがベターです。

歯の根元が下がっている場合も、しみる症状が出るかもしれないので注意が必要です。

 

事前に歯石除去やクリーニングを済ませておくことも

口腔内に特に問題がない方や、虫歯治療などを終えてホワイトニングを行える状態になった方は、事前に歯石除去やクリーニングを行うことがあります。もし歯石が付いているとプラークも溜まりやすく、せっかくホワイトニングで白い歯に仕上がっても、歯周病になる可能性があります。

またホワイトニングの効果を高めるために、コーヒーやタバコのヤニなどの着色をきれいに落とすため、クリーニングを行うこともあります。クリーニングは歯の表面に付いた着色を落とし、歯本来の色を蘇らせます。そのうえでホワイトニングを行うと、よりきれいで白い歯を実感できることでしょう。特にタバコのヤニは頑固にこびりついているため、まずクリーニングで落としておくことをお勧めします。

安心してホワイトニングを受けるためには、歯科医師による診察がとても重要なのです。

 

当院のホワイトニングについてはこちら