はぴねす歯科

お知らせ

ホワイトニング、こんな症状が出た場合は?

薬剤を使って歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングですが、トラブルが起こる場合もあります。これからお伝えするような症状が出てしまったら、ホワイトニングを中止しなければならないかもしれません。

ホワイトニング専用の薬剤を用いて歯を白くする

通常のクリーニングは、薬剤というよりは、研磨成分のあるペーストを使って歯の表面の汚れを落とし、滑らかに磨き上げてツヤを出します。

いっぽうホワイトニングは、医療機関でしか扱うことのできない薬剤を使って、歯の内部の色素を分解して歯を真っ白に仕上げます。ここで使用されるホワイトニングジェルは濃度が異なり、ホワイトニングを導入しているクリニックによっては、低い濃度のものから徐々に高濃度に上げていくことがあります。

特にホームホワイトニングは、始めたばかりのころは比較的低い濃度のものから徐々に高い濃度に上げていくプロセスのところもあります。

 

ホワイトニングを中断したほうがよいケースとは?

ではホワイトニングを中断したほうがよいケースとは、どのようなことでしょうか。ペーストを使ったクリーニングで歯にトラブルが起こることはめったにありません。というのも、クリーニングは歯の表面、つまりエナメル質に付着した汚れだけを取り除くため、内部の神経に刺激が伝わることはほとんどないと言えるでしょう。

しかしホワイトニングは薬剤が歯の内側の象牙質まで浸透するため、しみる、痛むといった症状が出てしまうことがあります。ホワイトニング後の痛みは多少なりとも感じるものの通常、一両日中には治まります。

ところが痛みがいつまでも続く、痛みがだんだん増してくるといった症状の場合、ホワイトニングの薬剤の刺激が強いことが考えられます。

特にホームホワイトニングの場合、早く白くしたいからと言ってジェルを流し込んだマウスピースを長時間装着していると、非常に強い痛みを伴うことがあります。このような場合、一旦使用を中止し、クリニックに相談しましょう。歯にヒビが入っていた、或いは虫歯があったというような問題がない限り、再開できる可能性もあるかもしれません。なおホームホワイトニングをする場合、必ず指示された装着時間を守るようにして下さい。

中にはホワイトニングの薬剤が合わないこともあります。ホワイトニングを始めてからお口の中の粘膜に異常が出た、体調が優れないなどといった場合、ホワイトニングを中止して早めにクリニックへ相談して下さい。場合によってはホワイトニングを断念しなければならないこともあります。歯のクリーニングでもケア次第で十分きれいな歯を保つことができます。

ご自身に最も合った方法で、きれいな歯そして口元で毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

当院のホワイトニングについてはこちら