はぴねす歯科

お知らせ

マウスピース矯正の意外な落とし穴

目立たず矯正治療を行えるマウスピース矯正は、取り外し式で食事や歯磨きがしやすく、お手入れもしやすいことから人気を集めています。マウスピース矯正は、一般的なワイヤー矯正に比べてお口のケアをしやすいのですが、意外な盲点を持ち合わせているのです。

ワイヤー矯正と比べてお口の中のケアを行いやすいはずが・・・

矯正治療中は、虫歯や歯肉炎にならないよう、念入りなケアが必要です。特にワイヤー矯正は固定式で、ブラケット周りに汚れやプラークが付きやすく、ワイヤーが通っていることでデンタルフロスも通りにくいため、プラークコントロールが難しいとされています。

これに対しマウスピース矯正は、歯磨きの時にマウスピースを取り外して歯磨きを行えるため、プラークコントロールしやすいことが特徴の一つです。

しかし、プラークコントロールしやすいはずのマウスピース矯正は、実は虫歯リスクも決して低くないのです。ワイヤー矯正に比べるとずっとお口の中のケアをしやすいはずですが、これはどういったことなのでしょうか。

 

飲食後すぐにマウスピースを付けることによる虫歯リスク

家庭内では食後の歯磨きは行いやすいですが、外食やカフェで甘いものを食べたあと、ついうっかり歯磨きセットを忘れて、仕方なくそのままマウスピースを装着する、という経験をしたことはありませんか?飲食後必ず歯磨きを行うことが、虫歯リスクを低減させてくれるのですが、歯磨きセットを忘れてしまった場合、ついそのままマウスピースをはめてしまうことはありませんか?

お口の中には常に唾液で潤っており、細菌を洗い流す役目を持っています。つまり唾液が虫歯菌や歯周病菌を洗い流すことで、発症リスクを低減させているのです。

しかし食後すぐにマウスピースをはめてしまうと、食べかすや細菌を洗い流さないままマウスピースをはめてしまうので、結果的に虫歯菌をマウスピースで閉じ込めてしまうことになるのです。そのためマウスピースで塞がれた歯の表面が少し溶けてしまった「脱灰」となり、そのまましておくと、やがて歯に穴が開いてしまいます。これではせっかく矯正治療を行っても、虫歯ができてしまうと虫歯治療などが必要になり、矯正治療が一時中断してしまいます。

食後は必ず歯磨きか、水でうがいをしておきましょう

マウスピース矯正は歯をマウスピースですっぽりと覆ってしまうため、唾液循環による細菌の洗い流しが行いにくく、虫歯リスクが高まってしまいます。ご家庭では当たり前のように行う歯磨きも、出先でつい忘れてしまった、ということもあるかもしれません。

外出する際は、携帯用の歯磨きセットを持ち歩きましょう。また食後に水かお茶を口に含み、食べかすを洗い流しておきましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら