はぴねす歯科

お知らせ

自費のセラミックは、すべて同じ素材なの?

白く滑らかで、耐久性が良いセラミック素材。二次カリエスのリスクも低く、機能性と審美性に優れており、セラミックによる補綴治療を希望する方が増えています。ところでセラミックによる補綴物は、全て同じものなのでしょうか。

セラミックの種類は色々

一言でセラミックと言っても、セラミックを使った補綴物には色々な種類があります。ではセラミックを使った補綴物には、いったいどんな種類があるのでしょうか。

・オールセラミック・・・全てセラミックで作られているもの。白く滑らかで汚れが付きにくく、審美性にとても優れています。細かな色調に合わせられるため、周りの歯の色と合わせることでとても自然な仕上がりになります。強度に若干不安があるため、前歯で使用されることがほとんどです。

・ジルコニアセラミック・・・ジルコニアは「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほど強度に優れています。セラミックの粒子にジルコニアを混ぜることで、オールセラミックに不足している強度を補うことができます。またセラミックが使われていることで、自然な美しさを再現できるため、強度と審美性に優れた補綴物と言えます。前歯、臼歯部どちらにも使われます。ネックは価格です。ジルコニアセラミックは一般的にオールセラミックよりも価格設定が高めです。

・オールジルコニアクラウン・・・全てジルコニアで作られている補綴物です。ジルコニア単体は審美性にやや劣り、人工的な白さが否めません。しかし強度に大変優れているため、最も噛む力を必要としている大臼歯に使われることが多いようです。なおジルコニアは保険で使われる銀歯(金銀パラジウム合金)よりも強度が強いと言われています。

・メタルボンド・・・金属のフレームにセラミックを焼き付けた補綴物です。セラミックを使った補綴物では歴史が古く、安心して使用できる補綴物です。メタルボンドは内側が金属のため、強度に優れています。またセラミックを焼き付けていることから審美性にも優れていますが、内側の金属により、ややくすんだ白さに思う方もいらっしゃるかもしれません。また歯ぐきが下がってくると内部の金属が見えてしまうため、経年による審美性が低下してしまうことがあります。また金属アレルギーがある方には不向きです。

・ハイブリッドセラミック・・・レジンとセラミックを混ぜたものです。金額が他のセラミックよりもやや安価ですが、レジンが使われていることでやや汚れが付きやすく、変色しやすいことが難点です。

その他にもe-maxなど歯科医院によって取り扱っているセラミック系の補綴物は様々です。それぞれの素材をよく理解し、どの補綴物が最もご自身にあっているのか歯科医師とよく相談してきれいな歯を取り戻しましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら