歯の隙間が気になって思いっきり笑えない…改善法はあるの?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

歯の隙間が気になって思いっきり笑えない…改善法はあるの?

口元に関するお悩みは人それぞれ違います。特に前歯の場合、笑った時にとても目立つ部位でもあります。前歯のお悩みは歯並びという方はとても多いかと思いますが、前歯や全体的な歯の隙間に悩む方も実は多いのではないでしょうか。

歯と歯に隙間ができる原因

一般的に「すきっ歯」と呼ばれることが多い歯の隙間は、専門的に「空隙(くうげき)しれつ」と言います。また前歯の真ん中の隙間を「正中離開(せいちゅうりかい)」と言います。隙間の広さは人それぞれで、わずかな隙間の方、かなり全体的にかなり隙間がある方など色々です。では歯に隙間ができてしまう原因は何でしょうか。

・元々の歯が小さい(矮小歯)・・・顎の大きさに対し、永久歯が小さい場合、スペースが余ってしまうために歯と歯の間に隙間ができてしまうことがあります。

・先天性欠損・・・生まれつき永久歯の数が少ない先天性欠損の場合もスペースに余裕ができてしまうため、隙間ができる原因となります。

・上唇小帯(じょうしんしょうたい)の位置によるもの・・・上唇から歯ぐきに繋がっているヒダの部分を「上唇小帯」と言いますが、この部分が過剰に発達することで通常の位置よりも伸びてしまっている場合、前歯の隙間(正中離開)になることがあります。

歯の隙間を放置することで起こることとは?

歯の隙間は見た目に影響するため、まず見た目のコンプレックスを抱く方がほとんどです。しかしそれ以外にも日常生活に影響が出てしまうことがあります。

・食べ物が詰まりやすい・・・歯に隙間があると、繊維質のものを含んだ食べ物が挟まりやすくなります。

・発音が不明瞭・・・歯の隙間から空気が漏れて、発音が不明瞭になりがちです。特にサ行にその傾向が強く、相手に伝わりにくく感じてしまうこともあります。

歯の隙間を改善する治療法とは

そのままにしておいても、審美的にも日常生活を送る上でもあまりメリットはありません。では歯の隙間を改善する方法として、どんな治療法が挙げられるのでしょうか。

・歯列矯正・・・最もオーソドックスな治療法です。ワイヤーを使って歯を動かし、隙間を埋めることで症状やコンプレックスを改善できます。一般的なメタルブラケットの他、目立たないホワイトセラミックやホワイトワイヤー、裏側矯正を選択することで目立たず治療をすることができます。また取り外し式のマウスピース矯正でも隙間を埋めることができます。

・ダイレクトボンディング・・・隙間が狭い場合、審美用レジンを使って隙間を埋めることができます。樹脂を隙間に流し、光を当てて固めることで、歯と一体化することができます。

・セラミック治療・・・歯を少し削り、その上からセラミッククラウンを被せる方法です。見た目は美しいですが、歯を削ることでリスクを背負うことになります。

どの治療法になるかは、担当医とよく相談を

気になる歯と歯の隙間を改善する治療法をご紹介しました。改善法はいくつかあるため、どの治療法が適しているかはご自身の歯の隙間の状態によって異なります。担当医とよく相談し、最も適した方法で気になるコンプレックスを解消して生き生きとした笑顔で毎日を過ごしてみませんか?

 

当院の歯列矯正についてはこちら