はぴねす歯科

お知らせ

ホワイトニングは保険が効かない?

ホワイトニングジェルを塗布して歯を真っ白に仕上げるホワイトニング。口元の審美志向が高まる中、歯を白くして口元を美しく仕上げるホワイトニングが人気を集めていますが、ホワイトニングは保険が効かないのです。

歯科治療における保険適用とは?

私たちは、歯科や医科を受診するときに健康保険証を受付で提示します。その際、健康保険適用の治療であれば、大人の場合3割負担の金額を窓口で支払います。これは、病気やケガなど傷病名が付いた際に、保険を使うことができることになります。

では歯科治療における保険適用範囲はどこまでなのでしょうか。例えば虫歯治療や歯周病治療などは「歯および歯ぐきの病気のため、その治療として保険が適用になる」ということになります。つまり歯科治療では、最低限の機能を取り戻すために安い治療費で治療を受けることができるのです。

しかし、審美性を求めた治療となると、保険が適用にならず自費治療になります。歯列矯正やインプラント、セラミック治療などはより機能と審美性を高めた治療となるため、自由診療となるのです。ホワイトニングも治療目的ではなく、審美目的となるため保険適用とはならず、自費治療となるのです。

保険適用で歯を白くしたいと思ったら?

ホワイトニングは高いから保険で何とか歯を白くできないのか?とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。ホワイトニングは完全に自費治療となるため、金額は高くなります。そのため保険適用で歯を白くしたい場合、選択肢は歯のクリーニングになります。歯のクリーニングには保険適用のものと自費治療があり、保険適用の場合は当然ながら病名が必要となります。また歯周病治療の一環として、歯周ポケットの検査が行われます。内容は自費のクリーニングと比べると、使えるペーストなどに制限があり、最低限の内容で行われることになります。

それでもペーストを使って歯の表面に付いたステインを取ることで、歯本来の色を取り戻すことができます。

自費のホワイトニングと保険適用のクリーニングを上手く組み合わせてみても

ホワイトニングは一度の施術費用が高くなり、コースを組むとかなり高額になります。それでも歯を白くきれいにしたい場合、オフィスホワイトニングを半年にいちど受け、その間は保険適用のクリーニングをうけることで一定の白さをキープすることができるかもしれません。また着色を落とす効果の高い歯磨き剤を使うことも、ステインの付着を遅らせる効果が期待できます。

ホワイトニングとクリーニングを上手く使って、最も効果的な方法で健康的で美しい歯をキープすることで、笑顔に自信を持つことができるでしょう。

 

当院のホワイトニングについてはこちら