虫歯ではないのに歯が溶ける?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

虫歯ではないのに歯が溶ける?

歯が溶ける病気と言えば、ほとんどの方が虫歯を思い浮かべることでしょう。虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまう病気ですが、虫歯でないのに歯が溶ける病気があることをご存じでしょうか。

歯は「酸」によって溶ける

歯は硬質なエナメル質で覆われており、人体の中で最も固い部位であると言われています。このエナメル質を溶かしてしまう物質は「酸」です。歯は酸によって溶けてしまうため、虫歯菌が出す酸で歯が溶けることにより虫歯になってしまうのです。

しかし、虫歯でないのに歯が溶けてしまう病気があります。それは「酸蝕症(さんしょくしょう)」と呼ばれる病気で、飲食など外部から取り込まれた酸により歯が溶けてしまうトラブルのことであり、最近急増していると言われています。

ではなぜ最近酸蝕症が増えているのでしょうか。考えられることは、清涼飲料水や炭酸水などの摂取量の増加、ワインやクエン酸など、健康を重視するための摂取量の増加、、食べては吐く摂食障害や逆流性食道炎などが考えられます。つまり酸性の強いものをたくさん取ることで歯の表面が酸によって溶けていく「脱灰」が続くためにエナメル質が溶けてしまうのです。

よくあるのが、歯を白くしたいからとレモンの輪切りを歯に乗せて漂白効果を期待する、という間違った自己流の方法です。レモンなどの柑橘類は酸性が強く、長時間摂取することで歯の表面がだんだん溶けてしまいます。

また心因性による酸蝕症も増えてきています。食べては吐く、過度なダイエットを行うことで歯が溶けてしまいます。というのも、胃酸は酸性が非常に強く、歯を溶かしやすくしてしまうためです。逆流性食道炎も同じで、胃液が逆流することで歯が酸に覆われてしまうのです。

酸蝕症の症状が続くと、エナメル質が薄くなり、神経を覆っている象牙質がむき出しになってしまいます。その結果、冷たいものが沁みる、さらに症状が進むと、熱いものまで沁みるようになり、神経を取り除かなければならなくなってしまいます。

 

酸蝕症の治療法について

酸によってエナメル質が溶け、象牙質が露出した状態になると、治療が必要となります。治療法としては、症状が軽い場合はレジンを使って充填します。しかし欠損部分が大きく深くなると、レジンでは対応が難しくなり、セラミッククラウンなどの被せ物による治療でないと症状を抑えることができなくなります。さらに全ての歯が酸蝕症になってしまっている場合、フルマウスレストレーションという大掛かりな治療が行われることになります。

このように、酸蝕症は虫歯でなくても歯が溶けてしまうやっかいな病気です。普段から酸を摂り過ぎないないように気をつけることが予防法と言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら